拳銃無宿(1947)

ジョン・ウェイン製作・主演の西部劇。無法者の男が、銃のない平穏な暮らしか復讐かを選択する苦悩が描かれてゆく。

拳銃無宿(1947) 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

    この作品の放送予定はありません

この番組をシェアする

解 説

流れ者のガンマンと彼を復讐の連鎖から救おうとする女性の愛と葛藤を描いた、ジョン・ウェイン主演の西部劇。『アラモ』や『コマンチェロ』の脚本でウェインと組んでいるジェームズ・エドワード・グラントが監督。ウェインが設立した独立プロの第1回作品で、彼は製作も兼任している。西部劇でありながら、クライマックスまで銃が使用されないのも特徴。ウェインとゲイル・ラッセル演じるヒロインが恋に落ちてゆく描写も情感豊か。

あらすじ

西部きっての荒くれ者として知られるエヴァンスは、旅の途中で疲労困憊により行き倒れてしまう。牧場主トーマスに助けられた彼は、家族ぐるみで手厚い看護を受ける。義父を殺した男に復讐すべく孤独に生きてきたエヴァンスは、トーマス一家との暮らしの中で心の安らぎを感じてゆく。やがて彼は、トーマスの娘ペネロープと愛し合う仲になり、牧場を手伝って平穏に暮らすことを決意するが、そこに仇敵スティーブンスが現れる。

監 督

出 演

ジャンル 西部劇 / ドラマ
本編時間 102分
制作 1947年 アメリカ
原題 ANGEL AND THE BADMAN

監督・出演者 関連作品

その他の映画はこちら