ラストナイト・イン・ソーホー

アニャ・テイラー=ジョイとトーマシン・マッケンジー共演のスリラー。デザイナーを目指す若い女性が思わぬ事件に巻き込まれる。

ラストナイト・イン・ソーホー 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

    この作品の放送予定はありません

この番組をシェアする

解 説

『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライトが監督を務めたスリラー。“スウィンギング・ロンドン”というフレーズに要約される、60年代ロンドン文化へのリスペクトを散りばめつつ、ファッションや芸能分野における女性差別と搾取も物語へ組み込んでいる。『オールド・ボーイ』などでパク・チャヌク監督と組んできた撮影監督チョン・ジョフンによる、アナログな技法を駆使したワンシーンワンカットの撮影も見どころ。

ラストナイト・イン・ソーホーはコチラ>>

あらすじ

地方からロンドンへやってきたデザイナー志望のエロイーズはデザイン学校へ入学。しかし、寮の生活になじめず、ソーホー地区で下宿生活を始める。彼女は夢の中で1960年代の世界を体験。歌手を目指している自分と同世代の女性サンディとシンクロし、彼女の肉体と一体化。当時のファッションや遊びを思いっきり楽しんでいた。ある夜、夢の中でサンディが殺され、現実世界には謎の亡霊が出現。エロイーズの精神は蝕まれてゆく…。

監 督

出 演

ジャンル サスペンス / ミステリー
本編時間 118分
制作 2021年 イギリス
原題 LAST NIGHT IN SOHO
その他の映画はこちら