THE THIRD DAY
サード・デイ 〜祝祭の孤島〜

イントロダクション

ブラピ率いる”プランB”と体験型シアターの先駆者”パンチドランク”がテレビで挑む新たな試み

英米で人気の体験型演劇”イマーシブ・シアター”の先駆者であるシアターカンパニー”パンチドランク”の創設者フェリックス・バレットと、イギリスで人気を博したスリラー『Utopia -ユートピア-』のクリエイターたちがテレビドラマの新しい形に挑戦。全6話を「夏」と「冬」の2パートに分け、舞台は同じだが異なる季節に別々の主人公を据え、監督やスタッフも変えて3話ずつ制作した2部構成。製作総指揮はブラッド・ピットのほか、彼が率いるプランBから『ムーンライト』や『それでも夜は開ける』でアカデミー作品賞を受賞したプロデューサー、デデ・ガードナー、ジェレミー・クライナーが参加。テレビドラマの概念を覆すシアター級、映画級クオリティの作品に乞うご期待!

ジュード・ロウ、ナオミ・ハリスのダブル主演

「夏」の主人公サムをジュード・ロウ(『シャーロック・ホームズ』)が、「冬」の主人公ヘレンをナオミ・ハリス(『ムーンライト』)が演じ、それぞれが独立した3話構成の作品。2人とも異なる季節にオシー島で恐ろしい体験をすることで、自身の過去からのトラウマに向き合わざるをえない状況に陥っていく。

英国人キャストの豪華競演

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のジュード・ロウとキャサリン・ウォーターストンが再共演しているのも見どころ。また、エミリー・ワトソン(『チェルノブイリ』)、パディ・コンシダイン(『アウトサイダー』)らHBO®ドラマでお馴染みの豪華英国人キャストが謎めいた島民としてこれまでの役柄と全く異なるキャラクターを”怪演”しているのも必見。
「冬」でナオミ・ハリスの長女を演じるのはタンディ・ニュートンの娘ニコ・パーカー(『ダンボ』)。

舞台となるオシー島でロケ、英国カントリーの映像美

幸い新型コロナの感染が広がる前に撮影を行っていたプロダクションはドラマの舞台であるオシー島で実際にロケを敢行。ロンドンから約80km、干潮の4時間を過ぎると本土に戻ることのできない離島で、キャストやクルーも携帯電話の電波が届かない不自由な環境の中、撮影を行った。美しい自然や英国カントリー調の町並みが保存されている島の風景美も必見!

55周年長期特別企画 映画は死なず!
55周年長期特別企画 映画は死なず!

202110

MON TUE WED THU FRI SAT SUN
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

202111

MON TUE WED THU FRI SAT SUN
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
             

放送スケジュール

オンデマンド

ご加入はこちら