STAR EX


『1917 命をかけた伝令』

12月の新作映画

【STAR1 字幕版】【STAR2 字幕版】【STAR3 吹替版】

12月の新作映画ラインナップはこちら!

スターチャンネルEX 55周年長期特別企画
「すばらしいクリスマスプレゼント」』

『サンダーバード55/GOGO』公開記念!長期徹底特集第3弾:樋口監督ベストエピソード

【STAR1 字幕版】12/25(土)午後3:30~ 連続放送(全3話)
≪無料放送≫ 12/25(土)午後3:30~第4話「ニューヨークの恐怖」
※解説番組『特番:樋口真嗣監督が選ぶ!サンダーバード エピソードBEST3』は12/18(土)より先行して放送します。

1965年にイギリスで、翌1966年には日本でも放送が開始され、英国テレビ界の名匠ジェリー・アンダーソンの代表作にして、 スーパーマリオネーションと呼ばれる独自の撮影手法を駆使した特撮人形劇の最高傑作として名高いテレビシリーズ「サンダーバード」。
日本放送開始55周年を祝して発足された「サンダーバード55周年プロジェクト」。プロジェクトの目玉として、本国イギリスの熱狂的なサンダーバードファンのクラウドファンディングによって 制作された3話のエピソードを日本公開用に独自に再編集した特別版『サンダーバード55/GOGO』をスターチャンネルの映画レーベル“STAR CHANNEL MOVIES” として 2022年に公開決定!オリジナルへのオマージュとしてスーパーマリオネーションの伝統的な技術を駆使して撮影され、完全新作としてスクリーンで甦る!

12月は、日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』 の公開を記念し、構成を担当する『シン・ウルトラマン』樋口真嗣監督が、自身も大ファンと公言しているTVシリーズ全32話から3つの切り口「定番ピンチ編」「変化球的なキャラエピソード編」「これがおすすめ“クソガキ”エピソード編」でそれぞれベストエピソードを厳選!厳選したベストエピソード本編では、樋口監督がそのエピソードを解説する番組も放送します!樋口監督が選んだTVシリーズを観て、劇場新作に備えよう!!

≪定番ピンチ編≫…第4話「ニューヨークの恐怖」
≪変化球的なキャラエピソード編≫…第17話「情報員MI.5」
≪これがおすすめ“クソガキ”エピソード編≫…第32話「すばらしいクリスマスプレゼント」

特番:樋口真嗣監督が選ぶ!サンダーバード エピソードBEST3>
特設サイトはこちら>
ドラマページはこちら>

『サンダーバード(1966)』

11月に放送した「第2弾:吹替3バージョンで観る映画版!」をスターチャンネル3でアンコール放送決定!

【STAR3 吹替版】12/27(月)~12/29(水)午後3:00~ 3日連続放送 『サンダーバード(1966)』(3バージョン)、『サンダーバード6号』(3バージョン)

1965年にイギリスで、翌1966年には日本でも放送が開始され、英国テレビ界の名匠ジェリー・アンダーソンの代表作にして、 スーパーマリオネーションと呼ばれる独自の撮影手法を駆使した特撮人形劇の最高傑作として名高いテレビシリーズ「サンダーバード」。
日本放送開始55周年を祝して発足された「サンダーバード55周年プロジェクト」。プロジェクトの目玉として、本国イギリスの熱狂的なサンダーバードファンのクラウドファンディングに よって制作された3話のエピソードを日本公開用に独自に再編集した特別版『サンダーバード55/GOGO』をスターチャンネルの映画レーベル"STAR CHANNEL MOVIES"として2022年に公開決定!オリジナルへのオマージュとしてスーパーマリオネーションの伝統的な技術を駆使して撮影され、完全新作としてスクリーンで甦る!
11月は、吹替3バージョンで観る映画版をスターチャンネル3で放送!劇場で公開された『サンダーバード(1966)』と『サンダーバード6号』でそれぞれ3バージョンを特集放送!NHK-BS2で放送されたものを新録した「NHK版」と、当時NET(現テレビ朝日)で放送枠に合わせてカットした「NET(テレビ朝日)版」、ビデオ発売当初に劇場公開版の音源の紛失とNET版がカットされたことから新録した「ビデオ版」の3バージョン。主要キャラクターのスコット・トレーシーにはNHK版に中田浩二、NET(テレビ朝日)版に石丸博也、ビデオ版に大塚芳忠と錚々たる声優陣が吹き替えている。昔テレビで観た吹替版がスターチャンネルに集結!是非この機会にお楽しみください!

特設サイトはこちら>
ドラマページはこちら>

『サンダーバード[HD完全版]』

絶賛放送中!「サンダーバード」長期徹底特集 第1弾:懐かしのオリジナルTVシリーズが帰ってきた!

【吹替版】毎週日曜よる9:00~2話ずつ放送
【字幕版】毎週金曜午後1:00~2話ずつ放送

1965年にイギリスで、翌1966年には日本でも放送が開始され、英国テレビ界の名匠ジェリー・アンダーソンの代表作にして、スーパーマリオネーションと呼ばれる独自の撮影手法を駆使した特撮人形劇の最高傑作として名高いテレビシリーズ「サンダーバード」。
日本放送開始55周年を祝して発足された「サンダーバード55周年プロジェクト」。プロジェクトの目玉として、本国イギリスの熱狂的なサンダーバードファンのクラウドファンディングに よって制作された3話のエピソードを日本公開用に独自に再編集した特別版『サンダーバード55/GOGO』をスターチャンネルの映画レーベル"STAR CHANNEL MOVIES"として2022年に公開決定!オリジナルへのオマージュとしてスーパーマリオネーションの伝統的な技術を駆使して撮影され、完全新作としてスクリーンで甦る!

10月から長期企画として、スターチャンネルでは「サンダーバード」を徹底特集!
今月は、1966年に日本初上陸し、人形の独特な動きや、ユニークな近未来的メカデザイン、人形劇とは思えないダイナミック特撮描写はテレビ界の常識を塗り替えたとも言われる TVシリーズ『サンダーバード』の放送スタート!劇場公開の前にTVシリーズを要チェック!

特設サイトはこちら>
ドラマページはこちら>

『チャペルウェイト 呪われた系譜』

海外ドラマ『チャペルウェイト 呪われた系譜』独占日本初放送スタート!

(全10話)
第1話 先行無料放送 【STAR1 字幕版】 12/19(日)夕方 5:00
【STAR1 字幕版】12/21(火)より 毎週火曜よる11:00 ほか
【STAR3 吹替版】12/24(金)より 毎週金曜よる10:00 ほか

スティーヴン・キングが大学時代に執筆し、1978年出版の短編集「深夜勤務」に収録された短編小説「呪われた村〈ジェルサレムズ・ロット〉」に基づいて映像化。幼い頃父親に殺されかけたトラウマに苦しむ主人公が、親族の屋敷を相続したことで一族の秘密を知り、代々受け継がれた呪いから家族を解放するため戦う様を描いたゴシックホラー。オスカー俳優エイドリアン・ブロディ主演・製作総指揮。
 1850年、捕鯨船の船長チャールズ・ブーンは最愛の妻を病で亡くしたのを機に陸に戻り子育てをすることを決意し、いとこスティーヴンがメーン州の小さな町に遺した屋敷“チャペルウェイト”に移り住むが、スティーヴンらを知る町の住民からはブーン家は疫病神だと冷たく迎えられる。一方、幼少時のトラウマからウジ虫の幻覚に悩まされているチャールズはいとこらのことを調べるうちに一族のある秘密を知る…。

『原潜ヴィジル 水面下の陰謀』

海外ドラマ『原潜ヴィジル 水面下の陰謀』独占日本初放送スタート!

シーズン1(全6話)
第1話 先行無料放送 [STAR1 吹替版] 12/5(日)夕方4:00
【STAR1 字幕版】12/8(水)より 毎週 水曜よる11:00 ほか
【STAR3 吹替版】12/7(火)より 毎週 火曜よる10:00 ほか

イギリス海軍の原子力潜水艦内で起きた乗組員の"謎の死"をめぐり、スコットランド警察の捜査チームが非協力的な海軍を相手に事件の真相を解明していくさまをスリリングに描いた、緊迫のクライム・ミステリー。『女医フォスター』『ジェントルマン・ジャック 紳士と呼ばれたレディ』のサラン・ジョーンズ、『ゲーム・オブ・スローンズ』のローズ・レスリー、『刑事モース~オックスフォード事件簿~/新米刑事モース』のショーン・エヴァンスら出演。『ジュディ 虹の彼方に』『私立探偵ストライク』などの脚本を手掛けたトム・エッジ脚本・製作総指揮。(全6話)

『ある愛の詩(1970)[吹]愛の特別ロードショー版』

長期スペシャル企画:映画は死なず!4ヵ月連続!「激レア地上波吹替版」を観る。掘る。もっと。

【STAR3 吹替版】12/13(月)~12/15(水)午後1:00頃~ 3日連続放送 /12/27(月)~12/31(金) よる11:00頃~ 5日連続放送 他 (全7作品) 

今年4月にお届けした、"地上波吹替版"の特集企画の第2弾を、 今年12月から来年3月まで、4ヵ月間にわたって拡大特集放送します!
ソフト未収録の"激レア音源"を中心に、 今やTVでなかなか鑑賞できない、“懐かし”&“お宝”の地上波吹替版を、たっぷりとお楽しみ下さい。

特設サイトはコチラ >

『ステージド 俺たちの舞台、ステイホーム!』

観る。録る。もっと。年末海外ドラマ7作品一挙放送

【STAR1 字幕版】12/29(水)~12/31(金) あさ6:00~ 3日連続放送 (全6シリーズ)
【STAR3 吹替版】12/27(月)~12/31(金)午前9:00頃~ / 12/28(火)&12/29(水)深夜0:30頃~ 2日連続放送(全3シリーズ) 

年末の大型連休、楽しみにしていた映画やドラマをイッキ見する人も多いはず。ただ、師走の時期にゆっくりドラマを観る時間がないという人も…。
スターチャンネルは「観る。録る。もっと。」と題し、師走の大型連休の時期に、スターチャンネルでしか観られないオススメ海外ドラマ7作品を一挙放送!

ロックダウン下でWEB会議ツールを使いそれぞれの自宅からリモート撮影。主演の2人だけでなく豪華ゲストが本人役で出演し、 コロナ禍のスターの素顔をドキュメンタリー風に捉えた、ユニークでコミカルな『ステージド 俺たちの舞台、ステイホーム!』のシーズン1とシーズン2の放送を始め、 大ヒット海外ドラマ『ダウントン・アビー』のクリエイター、ジュリアン・フェローズの同名小説をドラマ化した イギリス貴族の秘密と人間模様を描くコスチュームドラマ『ベルグレービア 秘密だらけの邸宅街』、 『ドクター・フー』などを手がけ自身もゲイであることを公表しているラッセル・T・デイヴィスが自らの経験をもとに、 同性愛者への理解が少なかった困難な時代を互いに支え合い自分らしく生き抜いた若者たちを、 ワム!やクイーンほか80年代の名曲に乗せて爽快に描く2021年に大注目を浴びた『IT’S A SIN 哀しみの天使たち』など、 今観るべき、スターチャンネルでしか観ることができないドラマを録画もしながらお楽しみください!

『ハクソー・リッジ』

特集:世界の戦争映画

【STAR1 字幕版】12/11(土)~12/12(日) 2日連続放送 /12/27(月)~12/30(木) よる9:00~ 4日連続放送(全9作品) 

戦争を題材にした映画はこれまで数多く製作されてきたが、 ひと言で「戦争映画」と言っても、 描く人が違えば同じ出来事でも全く異なる描写になる場合も。
史実を淡々とした描写と共にリアルに描くものもあれば、 エンタメ要素を強くしてアクション寄りで作られる映画もあるなど、 作品によっての「違い」が最も大きく出るジャンルと言えるのでは。
舞台になる国や地域、作る人々の国や地域による 戦争映画の「違い」を見比べてみると新たな発見があるかもしれません。
今月はそんな様々な国と地域で描かれる 傑作戦争映画9作品を一挙放送でお送りします。

『1917 命をかけた伝令』(イギリス)
『連合艦隊』(日本)
『ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火』(ロシア)
『ミッドウェイ (2019) 』(アメリカ)
『デンジャー・クロース 極限着弾』 (オーストラリア)
『ハクソー・リッジ』(アメリカ)
『1944 独ソ・エストニア戦線』(エストニア)
『ウィンター・ウォー 厳寒の攻防戦<オリジナル完全版>』(フィンランド)
『コールド・アンド・ファイヤー 凍土を覆う戦火』(デンマーク)

『新感染半島 ファイナル・ステージ』

『新 感染半島』放送連動特集:Kホラーに感染する…

【STAR1 字幕版】12/4(土)ひる12:45~ 一挙放送 (全6作品) 

『新感染 ファイナル・エクスプレス』の続編『新感染半島 ファイナル・ステージ』、スターチャンネルに待望の登場!

これに合わせて放つ、Kホラー特集。
韓国といえば日本・タイと並ぶアジアのホラー大国。

Kホラールネサンス期のホラー専門監督による重要過去作『友引忌/ともびき』から、 『愛の不時着』ヒョンビン主演の韓国ドラマ『キングダム』風朝鮮王朝ゾンビもの『王宮の夜鬼』まで、 これがKホラー基本パックだ!

『シェルブールの雨傘』

レジェンド女優カトリーヌ・ドヌーヴ特集

【STAR1 字幕版】12/11(土)あさ6:00~ 一挙放送 (全2作品)
【STAR2 字幕版】12/11(土)~12/12(日) 2日連続放送 / 12/20(月)~12/25(土) 6日連続放送 (全13作品) 

『シェルブールの雨傘』で世界的スターへの階段を駆け上り、 『昼顔』や『終電車』、『反撥』など数々の名匠や鬼才の作品に出演、 "フランス映画界の輝ける至宝"と謳われるカトリーヌ・ドヌーヴ。

今なお、コンスタントに映画に出演し続けるレジェンド女優の最新作 『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』の放送に合わせ、 これまでのドヌーヴのキャリアを振り返る極上のラインナップをテーマ別にお届けします。どうぞお見逃しなく!

★ミュージカル編『シェルブールの雨傘』『ロシュフォールの恋人たち』『ロバと王女』『ダンサー・イン・ザ・ダーク』
★官能編『昼顔』
★シリアス編『真実』(※STAR1にて放送)『フォート・サガン』
★ラブロマンス編 『海辺のホテルにて』『うず潮(1975)[HDレストア版]』『ひきしお』『モン・パリ』
★アクティブ編 『インドシナ[HDレストア版]』
★最新作『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』(※STAR1にて放送)

『フォーン・ブース』

STAR CHANNEL MOVIES 『悪なき殺人』公開記念:脚本に唸るサスペンス映画特集

【STAR2 字幕版】 12/1(水)~12/3(金)よる9:00~ 3日連続放送 /12/4(土)午後3:30~ 一挙放送 (全3作品)

2019年の東京国際映画祭では、一般観客を対象にもっとも多くの支持を得た1作品が表彰される「観客賞」と、 ナディア・テレスキウィッツが「最優秀女優賞」を受賞するなど、「偶然」をテーマに練りに練られた脚本が映画ファンたちを唸らせ大きな話題を呼んだ 『悪なき殺人』がSTAR CHANNEL MOVIESとして12月3日(金)新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開となります。
また12月4日(土)にはデジタル公開もスタート。

今月はこの『悪なき殺人』の劇場公開に合わせ、脚本に唸らされるような、練りに練られたストーリーが印象深い3本のサスペンス作品を特集放送。
電話ボックスの中という1シチュエーションで物語が展開する『フォーン・ブース』、 監督も務めたニール・ジョーダンの脚本がアカデミー脚本賞を受賞した『クライング・ゲーム デジタルリマスター版』、 記憶障害を抱える男を軸に、時間を遡りながら出来事を追っていく大胆な構成が話題を呼んだ『メメント』をお届けします。

『プライベイトスクール』

シルヴィア・クリステル特集第2弾 もっとクリステル!

【STAR2 字幕版】 12/8(水)~12/10(金)よる9:00~ 3日連続放送 /12/26(日)午後3:30~ 一挙放送(全3作品)

『エマニエル夫人』の世界的な大ヒットで一躍時の人となり、 スターダムを駆け上がったオランダ出身の女優シルヴィア・クリステル。
日本でもカリスマ的な人気を誇った彼女の出演作を特集放送!

第2弾となる12月は、 『エマニエル夫人』シリーズでのブレイク後に出演し、名優アラン・ドロンと共演した航空パニック『エアポート’80』、 スパイコメディ映画に挑戦した人気TVシリーズの映画版『それ行けスマート/0086笑いの番号』、 高校教師役を演じたフィービー・ケイツ主演の学園コメディ『プライベイトスクール』の3作品を特集放送!

『道 [最高画質版]』

THE映画遺産スペシャル:名匠フェデリコ・フェリーニ

【STAR2 字幕版】12/4(土)~12/5(日) 2日連続放送 /12/13(月)~12/15(水) 3日連続放送 (全5作品) 

イタリアを代表する映画監督であり、世界の映画史にその名を刻む不世出の名匠フェデリコ・フェリーニ。
今月は映画史に残るクラシック作品をお届けするレギュラーコーナー「THE映画遺産」を拡大し、 その存在自体が"映画遺産"とも言えるフェリーニの作品から5作品を「THE映画遺産スペシャル」として特集放送します。

ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞とアカデミー外国語映画賞を受賞したフェリーニの代表作『道』、 カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞し今なお世界の名監督たちが本作の影響を公言している名作『甘い生活』、 フェリーニ初の長編カラー作品でゴールデン・グローブ外国語映画賞を受賞した『魂のジュリエッタ』など、 名匠が遺した傑作の数々をお楽しみください!

『警部』

ありがとう!追悼銀幕のスター2021

【STAR2 字幕版】12/18(土)~12/19(日) 2日連続放送 /12/28(火)~12/31(金) 4日連続放送 (全6作品) 

コロナウイルス、東京オリンピックなど歴史的な出来事の多かった2021年も残すところ12月のみ。 今年を振り返る上で、今年惜しまれながらもこの世を去った銀幕のスターたちのことも忘れられません。

日本が世界に誇るアクションスターの千葉真一、 フランスを代表する俳優であり、世界的にも絶大な人気を誇ったジャン=ポール・ベルモンド、 『サウンド・オブ・ミュージック』でその名を馳せた演技派クリストファー・プラマーなど、 彼らの雄姿を今一度堪能できる6作品をお届けします。
ジャン=ポール・ベルモンド出演作 『警部』
クリストファー・プラマー出演作 『ビューティフル・マインド』
千葉真一出演作 『宇宙からのメッセージ』
チャールズ・グローディン、 ヤフェット・コットー出演作 『ミッドナイト・ラン』
ジャン=ポール・ベルモンド出演作『オー!』
ジャン=ポール・ベルモンド出演作『大頭脳』

『プリンス・オブ・シティ』

シリーズ:隠れた良作『プリンス・オブ・シティ』(1981)

【STAR2 字幕版】12/6(月)よる9:00~ /12/14(火)午前9:00~ ほか  

ニューヨーク市警の麻薬捜査課の刑事たちの間では、マフィアや麻薬の売人から賄賂を取るなどの汚職が常習化し、その羽振りの良さから"街のプリンス"と呼ばれていた。彼らの結束は固く、「絶対に仲間を売らない」という強い絆で結ばれていた。しかしついに検事局がこれを問題視し、内情調査のための内通者としてチェロ刑事に白羽の矢が立つ。初めは抵抗するも、これを引き受けたチェロだったが、調査に協力するうち、壮絶な代償を支払うことになる…。

『十二人の怒れる男』『セルピコ』など、数々の武骨な社会派エンタータイメント作品で知られる、名匠シドニー・ルメット監督の隠れた傑作。

原作は、実在した麻薬課潜入捜査官ロバート・レウチをモデルにした実録小説。警察組織の腐敗の実態を、ルメット監督が2時間半を超える長尺によって、丹念かつ生々しいリアリズムで描き切り、ニューヨーク映画批評家協会賞で最優秀監督賞に輝いた力作だ。

主人公のチェロを演じたのは、トリート・ウィリアムズ。誰もが知る代表作を挙げるのが難しいが、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』(1984)、『デビル』(1997)などで、印象的な演技を披露した。本作では、映画デビューからわずか5年の若きトリートが、重苦しい雰囲気に包まれたドラマの中で、魂を絞り出すかの如く苦悩する主人公を見事に演じ、本作こそ彼の代表作と呼んでも過言ではない強烈な印象を残している。

さらに言えば、トリートのみならず、地味なキャスティングこそが本作のミソと言える。チェロをはじめ、ほとんどすべての登場人物に有名俳優を起用しなかったことで、観客は登場人物のキャラクターそのものを見ている感覚に陥り、緊張感あふれる"実録風のリアリズム"にどっぷりと浸れる、という仕掛けである。誰が主人公かというよりも、絡み合う人間ドラマによって描かれる"テーマ" それ自体が、大きな主人公と言えるかもしれない。

人間性の善と悪が明確に分けられない世界は、それゆえに、見てはいけない世界となる。しかし、人々がマフィア映画を見て、そこに描かれる"表と裏"の物語に避けがたい魅力を覚えるのも確かだ。本作は、そんな"見てはいけない世界"が、日常のあちこちに存在することを教えてくれる。

スターチャンネルEX 55周年長期特別企画