宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット

26年ぶりに製作された長編劇場版『宇宙戦艦ヤマト』第5作目『宇宙戦艦ヤマト 復活編』のディレクターズカット版。

宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

この番組をシェアする

解 説

1983年の『宇宙戦艦ヤマト 完結編』から26年ぶりに製作された第5作の劇場公開版に、シーン追加や再編が行われ、エンディングも異なるディレクターズカット版。前作から17年後を舞台に、移動性ブラックホールと、人類移住計画の前に立ちふさがる謎の連合艦隊という脅威にヤマトが立ち向かう。フルCGによる重量感溢れるヤマトのボディや、迫力の戦闘描写が圧巻。38歳の艦長・古代進を取り巻く人間ドラマも味わい深い。

あらすじ

西暦2220年。巨大なブラックホールが太陽系に接近し、あと3ケ月で地球が飲み込まれる事態に。地球連邦政府は移民船団を組織し、地球から2万7000光年離れた惑星アマールへの移住計画を決行。第1、第2次船団が出発するが、謎の大艦隊の攻撃により消息不明となる。第3次移民船団の艦長に選ばれた古代進は、若きクルーたちと共に宇宙の海へ旅立つが、その先には移住計画を阻止せんとするSUS艦隊が待ち受けていた。

監 督

ジャンル アニメーション / SF
本編時間 125分
制作 2009年 日本
原題
その他の映画はこちら