クライム・オブ・パッション[吹]日曜洋画劇場版

奇才ケン・ラッセル監督、キャスリーン・ターナー主演のエロティック・サスペンス。昼と夜の顔を持つ女の危険な情事を描く。

クライム・オブ・パッション[吹]日曜洋画劇場版 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

    この作品の放送予定はありません

この番組をシェアする

解 説

イギリスの奇才ケン・ラッセル監督が、人間の心の奥底にうごめく愛欲と背徳の衝動に葛藤する男女を、赤裸々に描く問題作。当時人気絶頂だったキャスリーン・ターナーが、服飾デザイナーとコールガールという二面性を持つ謎めいたヒロインを妖しく熱演。堕落男に扮したアンソニー・パーキンスが、出世作『サイコ』のノーマン・ベイツを彷彿とさせる怪演を披露。1990年にテレビ朝日「日曜洋画劇場」で放送された貴重な吹替版。

クライム・オブ・パッションはコチラ>>

あらすじ

昼は服飾企業のファッション・デザイナー、夜は“チャイナ・ブルー”という名の娼婦に変身する、2つの顔を持つ女ジョアンナ。彼女はあるとき、会社の重要秘密を外部に漏らしていると疑われ、調査を請け負った私立探偵に二重生活の秘密を知られてしまう。探偵はいつしか彼女の妖しい魅力のとりこになっていく。一方、夜の歓楽街で淫らな店に出入りする怪しい男が、チャイナ・ブルーをつけ狙っていた…。

  • R15+相当吹替版

監 督

出 演

ジャンル エロティック / サスペンス
本編時間 94分
制作 1984年 アメリカ
原題 CRIMES OF PASSION
その他の映画はこちら