野獣の血

チョン・ウ主演で傑作ノワール小説を映画化した犯罪アクション。1990年代、釜山の片隅で生きる極道たちの壮絶な末路を描く。

野獣の血 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

    この作品の放送予定はありません

この番組をシェアする

解 説

「設計者」「キャビネット」などが邦訳されている、作家キム・オンスの小説を映画化した犯罪アクション。盧泰愚大統領の犯罪組織一掃政策を背景に、激動の時代を生き抜く極道たちの姿を描いた韓国ノワールで、自身もベストセラー作家であるチョン・ミョングァンが初監督した。主演は『偽りの隣人 ある諜報員の告白』のチョン・ウ。共演は『殺人の疑惑』のキム・ガプス、ドラマ『悪霊狩猟団:カウンターズ』のイ・ホンネ。

野獣の血[吹]はコチラ>>

あらすじ

1993年。釜山港の外れにある町、クアム。養護施設出身のヒスは町を牛耳るソンに拾われ、その右腕として一帯を仕切っている。クアムの利権を巡って悪党たちがしのぎを削る中、この町に目を付けたヨンド派はヒスと同じ施設出身のチョルジンを使い、彼を懐柔しようとする。しかしヤクザ稼業に嫌気がさしていたヒスは、恋人のインスクと一緒に巨済島でペンションを営んで暮そうと計画。ソンに組織を抜けたいと告げるのだが…。

監 督

出 演

ジャンル サスペンス / ドラマ
本編時間 122分
制作 2022年 韓国
原題 HOT BLOODED
その他の映画はこちら