いつかの君にもわかること

『おみおくりの作法』のウベルト・パゾリーニ監督の人間ドラマ。余命わずかな父親が、幼い息子の新しい家族を探すため奔走する。

いつかの君にもわかること 場面写真

放送日時

この番組をシェアする

解 説

余命宣告を受けたシングルファーザーが、幼い息子の新しい家族を探すため奔走する姿を描いた人間ドラマ。死に向かう父親を見つめる幼い息子と、一人息子を見つめる父親の眼差し。表情や仕草で感情を表す息子役を演じたダニエル・ラモントの繊細な演技は必見。悲壮感漂うモチーフながら、過剰な演出を前面に出さず、ゆっくり流れる親子の時間を描く姿勢が心地良い。監督・脚本は『おみおくりの作法』のウベルト・パゾリーニ。

あらすじ

4歳の息子マイケルと2人で暮らすシングルファーザーのジョンは、不治の病を患い余命宣告を受けていた。ジョンは自分の死後、一人になってしまうマイケルを案じ、自身亡き後に息子を育ててくれる新しい親を探し始める。養子縁組の手続きを行うため、様々な候補者と面会を繰り返すジョン。しかし、ひとつの判断ミスがジョンの未来を不幸なものにしてしまうため、次第に不安を募らせていくようになる。そんな彼の最良の選択とは…。

監 督

出 演

ジャンル ドラマ / ヒューマン
本編時間 [字]97分
制作 2020年 イタリア=ルーマニア=イギリス
原題 NOWHERE SPECIAL
その他の映画はこちら