ブラック・フォン

スティーヴン・キングの息子ジョー・ヒルの短編小説を映画化したホラー。連続誘拐魔に拉致された少年が地下室からの脱出を図る。

ブラック・フォン 場面写真

放送日時

この番組をシェアする

解 説

『エミリー・ローズ』『ドクター・ストレンジ』のスコット・デリクソン監督が、ブラムハウスとのタッグで脱出劇を描いた異色ホラー。“ホラーの帝王”スティーヴン・キングの息子であるジョー・ヒルの短編小説「黒電話」を映画化。連続誘拐魔に拉致された少年が、監禁された地下室に設置された黒電話を使い、過去の犠牲者たちとの通話によって犯人に立ち向かう姿を描く。不気味なマスク姿の誘拐犯をイーサン・ホークが怪演。

あらすじ

子どもの連続失踪事件に揺れる小さな街。気の弱い少年フィニーは、学校からの帰宅途中、黒い風船を持つマジシャンを名乗る男に拉致され、地下室に閉じ込められてしまう。鍵のかかった扉と鉄格子の窓に囲まれたその部屋にあるのは、断線した黒電話だけ。すると突然、その電話のベルが鳴り響く。それは、この部屋の恐怖と真実を知り、既に亡くなったかつての犠牲者たちが、フィニーにメッセージを伝えようとする通話だった…。

  • PG12字幕版
  • PG12吹替版

監 督

出 演

ジャンル ホラー / サスペンス
本編時間 [字]106分
[吹]106分
制作 2021年 アメリカ
原題 THE BLACK PHONE
その他の映画はこちら