キックボクサー[吹]木曜洋画劇場版

ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演の格闘技アクション。重傷を負ったキックボクシング王者の兄の復讐に燃える青年を描く。

キックボクサー[吹]木曜洋画劇場版 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

この番組をシェアする

解 説

ジャン=クロード・ヴァン・ダムの初期代表作の格闘技アクション。兄の仇をとるため地上最強のキックボクサーに戦いを挑む若者を描く。強制開脚装置や落下させたヤシの実で腹筋を鍛えるシーンなど、バラエティに富んだ特訓も見どころ。監督は『ブラッドスポーツ』でもヴァン・ダムと組んだマーク・ディサールとデイヴィッド・ワース。1991年テレビ東京「木曜洋画劇場」で放送された吹替版。

キックボクサーはコチラ>>

あらすじ

キックボクシングの全米覇者である兄エリックと、キックボクシング発祥の地タイへ向かうカート。しかし、現地の王者トン・ポーからエリックは過剰なほどの攻撃を受けて下半身不随の身となってしまう。カートは兄の無念を晴らすため、ムエタイの達人ジアン・チョウに弟子入り。血のにじむような特訓を受けてトン・ポーに再戦を申し込む。だが、地下闘技場での試合中にトン・ポー側はエリックを誘拐し、カートは八百長を強要される。

監 督

出 演

ジャンル アクション / スポーツ
本編時間 [吹]98分
制作 1989年 アメリカ
原題 KICKBOXER
その他の映画はこちら