ロミオとジュリエット(1968)[吹]日曜洋画劇場版

シェイクスピアの恋愛悲劇を甘い調べに乗せ映画化。当時15歳のオリヴィア・ハッセーらの初々しい輝きに満ちたラブロマンス。

ロミオとジュリエット(1968)[吹]日曜洋画劇場版 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

    この作品の放送予定はありません

この番組をシェアする

解 説

対立する一家の間で散った純愛を描いたウィリアム・シェイクスピアによる恋愛劇の金字塔を、オペラ演出家としても活躍するフランコ・ゼフィレッリ監督が映画化。主演のオリヴィア・ハッセーとレナード・ホワイティングは撮影当時それぞれ15歳と16歳。原作に近い年齢で、初々しい輝きを放っている。巨匠ニーノ・ロータ作曲による不朽のテーマ曲が悲恋を彩る。1982年にテレビ朝日「日曜洋画劇場」で放送された貴重な吹替版。

ロミオとジュリエット(1968)はコチラ>>
ロミオとジュリエット(1968)[吹]20世紀名作シネマ版はコチラ>>

あらすじ

15世紀中頃のイタリア・ヴェローナ。この町の二大名門で、互いを敵視し合うモンタギュー家とキャピュレット家は激しい争いを続けていた。ある日、舞踏会で出会ったモンタギュー家のロミオとキャピュレット家のジュリエットは、一目で魅かれ合う。だが、やがて互いの素性を知って嘆き合うふたり。それでも、バルコニーで恋に悩むジュリエットを見かけたロミオは熱烈な愛を告白し、翌日、ふたりだけの秘密の結婚式を挙げるが…。

★アカデミー撮影賞、衣裳デザイン賞受賞。

監 督

出 演

ジャンル ラブロマンス / 青春
本編時間 110分
制作 1968年 イギリス=イタリア
原題 ROMEO AND JULIET(1968)
その他の映画はこちら