愛と呼ばれるもの[吹]

リヴァー・フェニックスの遺作のひとつとなった青春音楽ドラマ。ナッシュビルを舞台に、女性カントリー歌手の恋愛と成長を描く。

愛と呼ばれるもの[吹] 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

    この作品の放送予定はありません

この番組をシェアする

解 説

23歳で夭折したリヴァー・フェニックスにとって、遺作のひとつとなった青春音楽ドラマ。監督は『ペーパー・ムーン』のピーター・ボグダノヴィッチ。夢を叶えようと模索する若者を、サマンサ・マシスなど当時の若手俳優が好演。リヴァーは自作曲のほか数曲を劇中で歌唱し、ミュージシャンでもあった彼の歌声を堪能できる。翌年『スピード』でブレイクする前のサンドラ・ブロックも出演。スターの原石ともいえる魅力を放っている。

愛と呼ばれるものはコチラ>>

あらすじ

カントリー・シンガーを目指しているミランダは、ニューヨークからカントリーのメッカであるナッシュビルへと向かう。多くのカントリー・シンガーを輩出した“ブルー・バード・カフェ”のオーディションを受けるためだったが、彼女は遅刻してしまう。そこで出会ったのは、やはり遅刻してきたジェームズという男だった。翌週、ミランダは気を取り直してオーディションを受ける。切々と歌う彼女だが、合格することはできなかった。一方、ジェームズは見事合格。彼の優れた才能に、次第にミランダは惚れ込んでいくが、そこにもうひとりの男が現れる…。

監 督

出 演

ジャンル ラブロマンス / ドラマ
本編時間 117分
制作 1993年 アメリカ
原題 THE THING CALLED LOVE
その他の映画はこちら