フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊

ウェス・アンダーソン監督のコメディ。名物編集長の急死で人気雑誌の廃刊が決定、最終号を飾るユニークな記事を巡る騒動を描く。

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

この番組をシェアする

解 説

『グランド・ブダペスト・ホテル』のウェス・アンダーソン監督が、廃刊の決定した雑誌の最終号を飾る記事にまつわるエピソードをオムニバス形式で綴ったコメディ。カラフルで遊び心溢れる映像と、シュールなユーモアで彩られるアンダーソン監督独特の世界観。エイドリアン・ブロディなどの常連組と、ベニチオ・デル・トロ、ティモシー・シャラメらアンダーソン作品初参加の豪華俳優陣が一体となって、唯一無二の作品を作り上げた。

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊[吹]はコチラ>>

あらすじ

20世紀のフランス。アメリカの新聞社の支社が発行する雑誌『フレンチ・ディスパッチ』は、名物編集長アーサーの下で国際問題からアートやファッションまで幅広いジャンルを、才能豊かな記者たちの深く斬り込んだ記事によって人気を博していた。ところがある時、アーサーが急死。彼の遺言に従って、雑誌の廃刊が決定する。最終号はアーサーの追悼も兼ねることになり、個性的な記事で誌面を賑わせてゆくことになるのだが…。

監 督

出 演

ジャンル ドラマ / コメディ
本編時間 [字]110分
制作 2021年 アメリカ
原題 THE FRENCH DISPATCH OF THE LIBERTY, KANSAS EVENING SUN
その他の映画はこちら