御法度

大島渚監督の異色時代劇。鉄の規律によって秩序が保たれていた新選組に、美貌の少年が入隊したことから起こる騒動を描く。

御法度 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

    この作品の放送予定はありません

この番組をシェアする

解 説

大島渚監督が前作『マックス、モン・アムール』から13年ぶりに発表し、遺作ともなった異色時代劇。司馬遼太郎の短編集「新選組血風録」に収録された「前髪の惣三郎」と「三条磧乱刃」を原作とし、監督自らが脚本を執筆。これがデビューとなる松田龍平が、新選組をかき乱す魔性の美少年・惣三郎を、少年期ならではのエロスを漂わせ演じる。近藤勇役に映画監督の崔洋一、土方歳三にビートたけしというキャスティングも話題に。

あらすじ

幕末の京都。討幕派の志士たちを粛清する組織「新選組」に、加納惣三郎という少年剣士と腕の立つ浪人・田代彪蔵が入隊する。不思議な魅力をたたえた惣三郎は、隊内の男たちの心にさざ波を引き起こす。副長の土方歳三は、田代と惣三郎の間に性愛関係があるのを察知。隊内の規律を乱す異分子として惣三郎を警戒する。やがて、彼に惚れ込んでいた隊士の湯沢が殺される事件が発生。惣三郎を巡った末の痴情沙汰と土方は推理する…。

監 督

出 演

ジャンル ドラマ
本編時間 102分
制作 1999年 日本
原題
その他の映画はこちら