スキャンダル(1976)

『青い体験』のサルヴァトーレ・サンペリ監督によるエロティックサスペンス。ブルジョア階級の女性が使用人との性愛に溺れる。

スキャンダル(1976) 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

    この作品の放送予定はありません

この番組をシェアする

解 説

『青い体験』のサルヴァトーレ・サンペリ監督と、同作で撮影を務めた『ラストエンペラー』の名撮影監督ヴィットリオ・ストラーロとのコンビによるエロティックサスペンス。リザ・ガストーニの匂い立つような色気と、フランコ・ネロ演じる精悍な男の色気が生々しい。性描写もさることながら、緊迫感をはらみつつ牽制しあう二人の関係が官能的な空気を醸す。ナチス侵攻前の不穏な社会の空気が、暗いエロスと見事に溶けあっている。

あらすじ

1940年、南フランス。薬局を営むエリアーヌは、大学教授の夫と娘と共に、戦時下ながら幸せに暮らしていた。ある夜、彼女は薬局で下働きをする男性アルマンから、恋人と間違われて暗闇の中で抱きしめられてしまう。それをきっかけに彼を男性として意識してしまう。そんなエリアーヌの心を見透かしたアルマンは、彼女を荒々しく抱く。夫との性交渉が絶えていたエリアーヌは、アルマンの肉体に抗えなくなってゆくのだが…。

  • R15+相当字幕版

監 督

出 演

ジャンル サスペンス / エロティック
本編時間 99分
制作 1976年 イタリア
原題 SCANDALO
その他の映画はこちら