スペンサー ダイアナの決意

クリステン・スチュアートがダイアナ元皇太子妃を演じたドラマ。ダイアナが離婚を決意する1991年クリスマスの3日間を描く。

スペンサー ダイアナの決意 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

この番組をシェアする

解 説

ダイアナ妃が未来の王妃の座を捨て、自分らしく生きる道を決意する3日間に焦点を当てたドラマ。クリステン・スチュアートがダイアナ役を熱演し,アカデミー主演女優賞にノミネート。『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』のパブロ・ラライン監督が、鋭い洞察力と確かな手腕で彼女の孤独を浮き彫りにする。家族との場面はクラシック調、一人のときはジャズ調といった劇伴による演出、CHANELが手掛けた衣装にも注目。

あらすじ

1991年のクリスマス。ダイアナ妃とチャールズ皇太子の夫婦関係は既に冷え切っていた。不倫や離婚の噂が飛び交う中、エリザベス女王の私邸サンドリンガム・ハウスにクリスマスを祝う王族が集まった。ダイアナ以外の誰もが平穏を取り繕い、何事もなかったかのように過ごしている。息子たちとのひと時を除き、ダイアナが自分らしくいられる時間はどこにもなかった。追い詰められたダイアナは、今後の人生を決める一大決心をする。

監 督

出 演

ジャンル ドラマ
本編時間 [字]119分
制作 2021年 イギリス=ドイツ
原題 SPENCER
その他の映画はこちら