引き裂かれたカーテン

アルフレッド・ヒッチコック監督のスパイスリラー。東ドイツへの亡命者を装い、東側の軍事機密を狙うアメリカ人科学者を描く。

引き裂かれたカーテン 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

    この作品の放送予定はありません

この番組をシェアする

解 説

サスペンス映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコックにとって50本目の監督作となった、スパイスリラー。ポール・ニューマンとジュリー・アンドリュース、当時の2大スターがヒッチコック作品に初出演。東西冷戦を背景にした諜報戦が描かれる。殺人シーンに対する執拗な演出や、ユーモラスな追跡劇などヒッチコック作品の特徴も散見。本作でバーナード・ハーマンとのコンビが解消され、ジョン・アディソンが音楽を担当している。

あらすじ

アメリカからデンマークへと向う一隻の客船。この船には、コペンハーゲンで開かれる国際会議に出席するため、アメリカ人物理学者マイケル・アームストロングと彼の婚約者で秘書のセーラが乗っていた。そんな彼に一通の電報が届く。エルム書店で一冊の本を受け取れという内容だった。ホテルに着き、セーラに取ってきてもらった本を開いたマイケルは急に東ベルリンへ行くと言い出す。不審に思ったセーラは彼を問いただすが、コペンハーゲンで2、3日待っているようにと言い残してマイケルは空港へと向うのだった。

監 督

出 演

ジャンル サスペンス / ドラマ
本編時間 129分
制作 1966年 アメリカ
原題 TORN CURTAIN
その他の映画はこちら