ヒストリー・オブ・バイオレンス

デヴィッド・クローネンバーグ監督のバイオレンス映画。強盗を倒しヒーローとなった男の意外な過去が明らかになる。

ヒストリー・オブ・バイオレンス 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

    この作品の放送予定はありません

この番組をシェアする

解 説

ジョン・ワグナーの同名グラフィックノベルを、デヴィッド・クローネンバーグ監督が映画化したバイオレンス。主演ヴィゴ・モーテンセンをはじめ、エド・ハリスなどの実力派俳優陣が鬼気迫る演技合戦を繰り広げる。序盤のダイナーで起こる強盗撃退シーンなど暴力描写の数々に、クローネンバーグ監督独特の肉体破壊演出へのこだわりが。二転三転する物語に加え、重苦しくもほのかな希望を感じさせるラストシーンが深い余韻を残す。

ヒストリー・オブ・バイオレンスはコチラ>>

あらすじ

インディアナ州の小さな町で弁護士の妻エディ、高校生の息子ジャック、幼い娘サラと平穏に暮らすダイナー経営者のトム。ある日、店が二人組の強盗に襲われるが、トムの驚くほど俊敏な反応でこれを撃退する。それがニュースで放送されるや、彼は全米の注目を浴びる。後日、不気味な男フォガティが一家の前に現れる。トムはかつてマフィアの一員だったというフォガティの発言に、エディをはじめ家族は動揺する…。

  • R15+字幕版

監 督

出 演

ジャンル サスペンス / アクション
本編時間 98分
制作 2005年 アメリカ
原題 HISTORY OF VIOLENCE
その他の映画はこちら