ジョジョ・ラビット[吹]

第二次世界大戦下のドイツで空想上の友人“ヒトラー”の助けを借り、立派な兵士になることを夢見る少年の奮闘を描いた感動作。

ジョジョ・ラビット[吹] 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

この番組をシェアする

解 説

『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ監督の感動作。第二次世界大戦下のドイツで立派な兵士になることを夢見ながら、匿われたユダヤ人の少女との出会いによって運命が変わってゆく少年ジョジョの成長物語が描かれる。スカーレット・ヨハンソンやサム・ロックウェルなど、演技派俳優が共演。ジョジョの空想上の友人“ヒトラー”をワイティティ監督自身が演じ、アカデミー賞では脚色賞を受賞している。

ジョジョ・ラビットはコチラ>>

あらすじ

第二次世界大戦下のドイツ。青少年集団ヒトラーユーゲントに憧れる少年ジョジョは合宿に参加するも、訓練では命令通りウサギを殺せず、臆病者呼ばわりされていた。そして、いつものように想像上の友人である“ヒトラー”に弱音を吐きながら、優しい母ロージーに励まされていた。そんなある日、ジョジョは自宅に小さな隠し部屋を発見。そこには、ユダヤ人の少女エルサが匿われていた。彼は困惑しながらも彼女との交流を深めてゆく。

★アカデミー脚色賞受賞。

監 督

出 演

ジャンル ドラマ / コメディ
本編時間 [吹]111分
制作 2019年 ドイツ=アメリカ
原題 JOJO RABBIT
その他の映画はこちら