レ・ミゼラブル(2019)

移民大国である現代フランスが抱える深刻な社会問題を描き、カンヌ国際映画祭で審査員賞に輝いた衝撃のサスペンスアクション。

レ・ミゼラブル(2019) 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

この番組をシェアする

解 説

ユゴーの「レ・ミゼラブル」の舞台となった街をモチーフに、移民大国である現代フランスが抱える深刻な社会問題を描いた衝撃のサスペンスアクション。パリ郊外の犯罪多発地区で、小さな事件を隠蔽しようとしたことをきっかに、雪だるま式に事態が悪化。その過程をリアリズムに徹して描き、カンヌ国際映画祭では審査員賞に輝いた。これが長編デビュー作となったラジ・リ監督の力強い演出力と、衝撃の幕切れに唸らされる。

あらすじ

パリ郊外の街、モンフェルメイユ。ここは小説「レ・ミゼラブル」の舞台となった場所だが、今や移民や低所得者が多く住む犯罪多発地区と化していた。新たに犯罪防止班へと配属されたステファンは、仲間とともにパトロールを行ったものの、その強引な捜査に疑問を抱く。そして、街を牛耳る複数のグループ同士が緊張状態にある中で、イッサという少年が引き起こした些細な出来事が、やがて大きな騒動へと発展してゆく。

★カンヌ国際映画祭審査員賞受賞。

監 督

出 演

ジャンル サスペンス / アクション
本編時間 [字]106分
制作 2019年 フランス
原題 LES MISERABLES(2019)
その他の映画はこちら