ボヴァリー夫人(2014)

ミア・ワシコウスカ主演で世界的名作を映画化した文芸ラブロマンス。満たされない心と身体を抱え、背徳の恋に落ちる若妻の葛藤を描く。

ボヴァリー夫人(2014) 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

    この作品の放送予定はありません

この番組をシェアする

解 説

『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカ主演の文芸ラブロマンス。発表当時、そのセンセーショナルな内容から文豪フローベールが風紀紊乱の罪に問われた不倫小説の金字塔。文学史上最もスキャンダラスなヒロインを演じたワシコウスカはヌードや大胆な濡れ場も辞さない熱演を見せる。『少年は残酷な弓を射る』のエズラ・ミラーら豪華キャストが彼女を取り巻く男たちを演じ、背徳の愛がドラマティックに描かれる。

あらすじ

修道院出の夢見がちな少女エマは、年上の医師チャールズ・ボヴァリーと結婚。しかし田舎での退屈な夫との生活は、憧れていたロマンティックなものとは程遠かった。心の隙間を埋めるように、エマは美しい青年レオンと魅かれ合う。だがその恋は実ることなく、彼は都会へと去ってゆく。再び孤独になったエマは、資産家マルキに甘い言葉で口説かれ、体を許してしまう。夫ではない男に抱かれ、かつてない幸福を感じるエマだったが…。

監 督

出 演

ジャンル ラブロマンス / ドラマ
本編時間 121分
制作 2014年 ドイツ=ベルギー=アメリカ
原題 MADAME BOVARY
その他の映画はこちら