エンド・オブ・ホワイトハウス

ジェラルド・バトラー主演のサスペンス・アクション。ホワイトハウスを占拠したテロリスト集団と戦う男の姿を描く。

エンド・オブ・ホワイトハウス 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

    この作品の放送予定はありません

この番組をシェアする

解 説

テロリストに占拠され、“鉄壁の要塞”と化したホワイトハウスを舞台に、決死の攻防と救出劇を描くサスペンス・アクション。前代未聞の“ホワイトハウス陥落”を描き、奇襲からわずか15分で占拠に至るリアルタイム映像は衝撃的。限定された空間で孤軍奮闘する攻防戦は、『ダイ・ハード』的な面白さも。ジェラルド・バトラーが、心に傷を抱えながらたった1人で大統領救出に突き進む元シークレット・サービスを熱演している。

エンド・オブ・ホワイトハウスはコチラ>>

あらすじ

米国独立記念日の翌日。アジア人テロリストが、大統領を人質にホワイトハウスを占拠するという事件が発生する。犯人たちは、日本海域からの米国第七艦隊の撤収と核爆弾作動コードを要求し、ホワイトハウスはその強固なセキュリティによって難攻不落の要塞と化してしまう。最悪の状況の中、警備員のマイケルが潜入に成功。彼は元大統領付きのシークレット・サービスだったが、大統領夫人を救えなかったという過去を抱えていた。

  • PG12字幕版

監 督

出 演

ジャンル アクション / サスペンス
本編時間 121分
制作 2013年 アメリカ
原題 OLYMPUS HAS FALLEN
その他の映画はこちら