オブリビオン(2013)

トム・クルーズが主演した壮大なSFアクション。人類が姿を消した未来の地球を舞台に、真実を知るために闘うひとりの男を描く。

オブリビオン(2013) 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

この番組をシェアする

解 説

トム・クルーズ主演のSFアクション。『トロン:レガシー』で独自の映像世界を創り出し、トムとは『トップガン マーヴェリック』でも大ヒットを飛ばしたジョゼフ・コシンスキー監督が、自身の手掛けた原作を基に映画化。4Kの解像度で撮影された自然風景とCGを合成させた映像美は見もの。人類が姿を消した地球で、徐々に真実が明らかになるストーリーは予測不可能。対照的なキャラクターの女性を演じた2人の女優も魅力的。

オブリビオン(2013)[吹]はコチラ>>

あらすじ

エイリアンの攻撃によって人類が他の星へ移住し、もぬけの殻と化した地球。その監視役として残ったジャックは、ある日、墜落した宇宙船の中からジュリアという美女を救出する。しかし、目を覚ました彼女はなぜか初めて逢うはずの自分の名を口にする。彼女との不思議な縁を感じ過去の記憶に疑問を抱き始めたジャックは、地球にいないはずの人間で結成された武装集団と遭遇。リーダーを名乗る男から衝撃の真実を知らされるのだが…。

監 督

出 演

ジャンル SF / アクション
本編時間 [字]126分
制作 2013年 アメリカ
原題 OBLIVION(2013)
その他の映画はこちら