サブウェイ123 激突

デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタ共演のサスペンスアクション。地下鉄をジャックした犯人と地下鉄職員の攻防を描く。

サブウェイ123 激突 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

    この作品の放送予定はありません

この番組をシェアする

解 説

デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタ共演のサスペンスアクション。1974年に『サブウェイ・パニック』として映画化されたベストセラー小説を再映画化。ニューヨークの地下鉄をジャックした凶悪犯と、その交渉相手となった地下鉄職員が息詰まる駆け引きを繰り広げる。トニー・スコット監督の軽快な演出と、持ち味を生かした2人の演技が相乗効果を発揮。犯人の目的が徐々に明らかになる予想外な展開も見どころ。

サブウェイ123 激突はコチラ>>

あらすじ

ニューヨーク、午後2時。地下鉄運行指令室のガーバーは、緊急停車したペラム駅1時23分発の列車へ応答を促す。列車は19名が乗車した1両目だけが切り離されて停車していた。すると無線で応答してきたライダーと名乗る男から、“この1時間で市長に身代金1000万ドルを用意させ、遅れた場合は1分ごとに人質を1人ずつ殺していく”という要求が突きつけられる。そして、ライダーは交渉相手になぜかガーバーを指名し…。

監 督

出 演

ジャンル サスペンス / アクション
本編時間 109分
制作 2009年 アメリカ
原題 THE TAKING OF PELHAM 1 2 3
その他の映画はこちら