バッド・エデュケーション

ペドロ・アルモドバル監督が半自伝的なエピソードを紡いだミステリー。映画監督とその親友の愛と裏切りを描く。

バッド・エデュケーション 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

    この作品の放送予定はありません

この番組をシェアする

解 説

スペインを代表する映画監督ペドロ・アルモドバルのミステリータッチのドラマ。監督自身の経験を投影しながら、ゲイの映画監督と彼のかつての親友との間にある愛情と裏切りを描く。『モーターサイクル・ダイアリーズ』のガエル・ガルシア・ベルナル演じる親友の謎が明らかになる展開の中で、甘美な愛のエピソードを対照的に描き、サスペンス色を際立たせている。アルモドバル作品の特徴とも言える色彩あふれる映像美も見どころ。

バッド・エデュケーションはコチラ>>

あらすじ

1980年、スペインのマドリード。新進映画監督エンリケのもとにある日、少年時代の親友イグナシオを名乗る青年が脚本を手に突然訪ねて来た。かつて神学校寄宿舎にいた頃、強い愛で結ばれていた2人だったが、イグナシオの変貌ぶりに戸惑ったエンリケは疑念を禁じえなかった。しかしその一方で、エンリケはイグナシオの脚本の内容に惹き込まれていく。そこには少年時代の彼らの一途で純粋な愛を引き裂いた悲劇が綴られていた…。

監 督

出 演

ジャンル ドラマ / ミステリー
本編時間 107分
制作 2004年 スペイン
原題 LA MALA EDUCACION
その他の映画はこちら