ピアニスト(2001)

イザベル・ユペール主演、『愛、アムール』のミヒャエル・ハネケ監督が倒錯した性と愛に翻弄される男女を描いた衝撃作。

ピアニスト(2001) 場面写真

放送日時

アイコン説明・視聴年齢制限

    この作品の放送予定はありません

この番組をシェアする

解 説

ミヒャエル・ハネケ監督が、“特殊”な性的嗜好を持つ女性と、美しい年下の青年の切なく激しい愛を描いたラブロマンス。今で言う毒親である支配的な母親と共依存関係にありながら、自らの密かな解放を倒錯した性癖に求めるピアノ教師の女性を、イザベル・ユペールが熱演。その女性の危うさを最初は拒絶しつつも、深みにはまっていく若い学生をブノワ・マジメルが激しくも繊細に表現。カンヌ国際映画祭で女優賞、男優賞を受賞した。

あらすじ

母親に厳しく育てられたエリカは、40歳を過ぎてウィーン国立音楽院のピアノ教授となった今でも母と2人暮らし。ある日、エリカは演奏会で青年ワルターに出会う。彼のピアノの才能に特別な感情を抱くエリカだったが、それ以上にワルターのエリカに対する思いは強く、音楽院に合格してエリカの生徒となる。彼はある日、トイレにいたエリカにキスを迫る。彼の思いは通じたかと思われたが、その瞬間、エリカがの秘密が露わになり…。

★カンヌ国際映画祭パルムドール、グランプリ、女優賞(イザベル・ユペール)、男優賞(ブノワ・マジメル)受賞。

  • R-15字幕版

監 督

出 演

ジャンル ラブロマンス / ドラマ
本編時間 132分
制作 2001年 フランス=オーストリア
原題 LA PIANISTE

監督・出演者 関連作品

その他の映画はこちら