リトビネンコ暗殺

リトビネンコ暗殺LITVINENKO

【放送】スターチャンネル

  • <STAR1 字幕版>5/21(火)午後 1:00 ほか
放送スケジュールを見る

【配信】スターチャンネルEX

配信スケジュールを見る

世界中を震え上がらせた “リトビネンコ事件” の10年間に及ぶ捜査の全貌を完全映像化。
“今”見なければならない、衝撃のノンフィクションドラマ! 独占日本初放送!

2006年にロンドンで毒殺されたロシアの元スパイ、アレクサンドル・リトビネンコ。 “ロンドン警視庁史上、最も複雑かつ危険な捜査”と言われた暗殺事件を題材に、瀕死の床で行われたリトビネンコへの事情聴取から、2016年にイギリス政府がロシアのプーチン大統領が関与していたとの公式見解を表明するまでの10年間に及ぶ苦難の捜査の全貌を、警察と遺族ら全面協力のもと、 徹底的なリサーチに基づき再現した衝撃のノンフィクションドラマ。 『80日間世界一周』『ドクター・フー』のデヴィッド・テナントがリトビネンコに扮し、迫真の演技を見せる。脚本は『Lupin/ルパン』『キリング・イヴ/Killing Eve』のジョージ・ケイ、監督は『クリミナル』シリーズのジム・フィールド・スミス。製作総指揮は『フォーティチュード/極寒の殺人鬼』『ピーキー・ブライダーズ』のパトリック・スペンス。(全4話)

あらすじ

2006年11月1日、ロンドン。ロシアからの亡命者、アレクサンドル・リトビネンコ(デヴィッド・テナント)はイギリス国籍を取得したことを妻マリーナ(マルガリータ・レヴィエヴァ)と息子アナトーリ(テミーラン・ブラエヴ)とともに喜んだのもつかの間、吐血する。病院で彼は「暗殺者に毒を盛られた」と主張。そして死の床でロンドン警視庁のブレント・ハイアット警部補(ニール・マスケル)らに自分が元FSB(ロシア連邦保安局)職員であることを明かし、「暗殺を指示したのはウラジーミル・プーチンだ」と訴え死亡する。死後、リトビネンコの体内からは猛毒の放射性物質“ポロニウム210”が検出される。誰がリトビネンコを暗殺したのかー。真実を知るためにマリーナとロンドン警視庁の苦難の戦いが始まるー。

吹替版キャスト&コメント全文はこちら>>

安藤優子、笠井信輔、デーブ・スペクター、小原ブラスら著名人から絶賛コメント到着!>>

相関図はこちら>>

イントロダクション

2006年にロンドンで起きたロシア人元スパイ、リトビネンコの暗殺事件と、その後10年間の捜査の全貌を忠実に再現したノンフィクション

★「リトビネンコ暗殺事件」とは―

2006年11月、ロンドンで放射性毒物を投与され暗殺された、旧ソ連国家保安委員会(KGB)の流れをくむロシア連邦保安局(FSB)の元工作員で、反ロシア活動家のアレクサンドル・リトビネンコ。1998年に当時プーチン氏が長官を務めていたFSBを記者会見の席で批判し逮捕投獄され、 2000年にイギリスに亡命すると、プーチン政権下で行われたさまざまな事件の内幕を暴露する。 2006年10月にイギリス国籍を取得するも束の間、11月1日、リトビネンコは突然嘔吐し、入院した病院で「毒を盛られた」と主張。病床で撮影された1枚の写真はその訴えと共に世界に衝撃を与える。そしてロンドン警視庁による事情聴取に対し、「暗殺を指示した黒幕はウラジーミル・プーチンである」と断言し、11月23日に死亡した(享年44)。死後、プーチン大統領を糾弾する内容の遺書が公表された。

本作はリトビネンコ事件を警察視点で追ったドキュメンタリー番組『KGBの刺客を追え』(2017)を制作した英国アカデミー賞(BAFTA)受賞者のリチャード・カーバージが共同プロデューサーとして参加し、リトビネンコの妻マリーナとロンドン警視庁の捜査官ら関係者全面協力の元、死の間際に病室で行われた事情聴取から、死因の毒物、放射性物質ポロニウム210の特定、容疑者の追跡、そして、ロシア政府との困難極まる駆け引きなどを経て、2016年にイギリス政府としてプーチンが関与したとの見解を正式に表明するまでの10年間に及ぶ苦難と奮闘を徹底的なリサーチに基づき再現。ロシア政府と歴代イギリス首脳の親密さや、“亡命イギリス市民”リトビネンコの死の真相究明に対して消極的だった英国政府の様子が実際の報道映像とともに映し出され、本格調査にこぎつけるまでの未亡人マリーナや、ロシアに乗り込むロンドン警視庁の刑事たちの奮闘ぶりも注目ポイントだ。ノンフィクションならではの恐ろしさとリアリティに溢れる手に汗握る展開は、原発事故の内幕に生々しく迫ったHBOドラマ『チェルノブイリ』を彷彿させる。

『ドクター・フー』のデヴィッド・テナント主演、 『Lupin/ルパン』の脚本家&『ピーキー・ブライダーズ』のプロデューサー

リトビネンコ役を演じたのは、イギリスの国民的スター、デヴィッド・テナント(『80日間世界一周』『ステージド』『ドクター・フー』)。撮影前にリトビネンコの妻マリーナ夫人に面会した彼は、「このストーリーは彼女が実際に生きてきたストーリーであり、彼女にとってはまだ終わっていないのだ」と、彼女を含む遺族に対する責任を痛感したと語り、ロシア語の台詞に挑戦。キャリア最高と言える迫真の演技で見事に演じきった。マリーナ役を演じるのは旧ソ連出身のアメリカ人女優、マルガリータ・レヴィエヴァ(『ブラックリスト』『リベンジ』)。亡き夫の遺志を胸に不屈の精神で今も闘い続けている妻を熱演している。
脚本は『Lupin/ルパン』や『キリング・イヴ/Killing Eve』を手がけた注目のクリエイター、ジョージ・ケイ。監督は『クリミナル』シリーズのジム・フィールド・スミス。製作総指揮は『フォーティチュード/極寒の殺人鬼』『ピーキー・ブライダーズ』のパトリック・スペンス。スペンスは本作を「勇気と回復力を示し、私たちを鼓舞してくれた家族と警察チームの物語」と述べている。

本物であることにこだわり、実際の現場でロケ撮影。世界で大注目!80ヵ国以上で配信・放送決定!早くもスターチャンネルで独占日本初放送!

心に響くドラマにするためにロンドンの日本食レストラン「itsu(イツ)」、リトビネンコが眠るハイゲート墓地など実際の現場で撮影した。その墓地での撮影の日、 2021年9月に欧州人権裁判所がリトビネンコ殺害の責任はロシアにあると判決を下し、ロシア政府に対して、未亡人マリーナに損害賠償金の支払いを命じた。しかしこの判決内容を受け、ロシア政府の大統領報道官は「事実無根」として非難し、賠償金の支払い拒否を表明した。本作の公開は現在進行中のロシアによるウクライナ侵攻という国際情勢とも重なって、世界中で熱い注目を集めており、本国イギリスのほか日本を含む世界80ヵ国以上での配信・放送が決定している。

エピソード

リトビネンコ暗殺 #1

リトビネンコ暗殺 #1

第1話「毒殺」…2006年11月1日、ロンドン。イギリス国籍を取得したことを妻子と喜んだのも束の間、アレクサンドル・リトビネンコは突然激しい吐き気に襲われ吐血する。病院で胃腸炎と診断されるが、それが間違っていることは彼には分かっていた。彼は自分の素性を明かし、毒を盛られたと主張、死期が近いことを確信した彼は警察にすべてを話し、自分の暗殺を指示したのはウラジーミル・プーチンだと主張するのだった…。

キャスト&スタッフ

監督
  • JIM FIELD SMITHジム・フィールド・スミス
出演
ジャンル ドラマ / サスペンス
本編時間 50分
制作 2022年 イギリス

キャスト&スタッフ

  • アレクサンドル・リトビネンコ,デヴィッド・テナント

    アレクサンドル・リトビネンコ

    演:デヴィッド・テナント
    声:鈴村健一

    ロシアの元スパイで、反ロシア活動家。亡命先のイギリス市民権を得た矢先、放射性毒物を盛られ、瀕死の病床で“プーチンによる指示”を断言する。

    マリーナ・リトビネンコ,マルガリータ・レヴィエヴァ

    マリーナ・リトビネンコ

    演:マルガリータ・レヴィエヴァ
    声:清水はる香

    アレクサンドル・リトビネンコの妻。亡き夫のために、事件の真相究明のため闘い続ける。

    ブレント・ハイアット,ニール・マスケル

    ブレント・ハイアット

    演:ニール・マスケル
    声:間宮康弘

    病床でリトビネンコに事情聴取したロンドン警視庁の警部補。強い責任感で捜査に励み、マリーナ夫人に対しても誠意を持って接する。

    クライブ・ティモンズ,マーク・ボナー

    クライブ・ティモンズ

    演:マーク・ボナー
    声:佐々木睦

    鋭い洞察力と強いリーダーシップで捜査班を指揮する、ロンドン警視庁の警視。

    ブライアン・ターピー,サム・トラウトン

    ブライアン・ターピー

    演:サム・トラウトン
    声:駒谷昌男

    ロンドン警視庁の警部補。毒殺実行犯と見做されたルゴボイらへの聴取をするためモスクワへ派遣されるが、ロシア政府の対応に翻弄される。

    アンドレイ・ルゴボイ,ラッド・カイム

    アンドレイ・ルゴボイ

    演:ラッド・カイム
    声:増元拓也

    毒殺事件の実行犯と有力視された、リトビネンコの元同僚のロシア人スパイ。

    ベン・エマーソン,スティーヴン・キャンベル・ムーア

    ベン・エマーソン

    演:スティーヴン・キャンベル・ムーア
    声:志賀麻登佳

    マリーナが雇った人権派の弁護士。イギリス政府にプーチン関与の認識を正式表明させるため、内務省の 調査委員会にはたらきかける。

    アレックス・ゴールドファーブ,マーク・イヴァニール

    アレックス・ゴールドファーブ

    演:マーク・イヴァニール
    声:板取政明

    微生物学者で人権活動家。リトビネンコ一家が亡命した時以来の友人で、彼の死後もマリーナとその息子をサポートする。

    ボリス・ベレゾフスキー,ニコライ・ザンコフ

    ボリス・ベレゾフスキー

    演:ニコライ・ザンコフ
    声:西村太佑

    ロシアの新興財閥(オリガルヒ)の一角として台頭するも、プーチン大統領と対立してイギリスに亡命、強硬なプーチン批判を繰り広げた。

    ニカ・プリワロワ,ジョアナ・カンスカ

    ニカ・プリワロワ

    演:ジョアナ・カンスカ
    声:水野ゆふ

    ロシア検察庁の職員。ロンドン警視庁から来た捜査官への対応を担当する。

  • 脚本・製作総指揮 ジョージ・ケイ(『Lupin/ルパン』『キリング・イヴ/Killing Eve』)
    製作総指揮 パトリック・スペンス(『フォーティチュード/極寒の殺人鬼』)
    監督 ジム・フィールド・スミス(『クリミナル』シリーズ)

ムービー

予告編

【特別映像】メインキャスト・スタッフが作品の見どころを語る

メッセージ

『リトビネンコ暗殺』放送に向けてメッセージ
脚本・製作総指揮:ジョージ・ケイ


今から16年前、ロンドンの病院でひとりの入院患者が驚くべきことを主張した。

その患者アレクサンドル・“サーシャ”・リトビネンコは元KGB工作員で、英国に亡命し6年間の在住を経て英国籍を取得した、健康的なスポーツマンだった。それなのにこの時の彼は瀕死の状態だった。彼は医師に、自分はロンドンの街なかで毒を盛られた、しかもそれはロシアのウラジーミル・プーチン大統領直々の命によるものだと告げた。

サーシャの主張は、はじめ信じて貰えず、人々は当惑した。2006年当時、西側諸国の多くは、プーチンを特徴のない一官僚であり、テロとの戦いにおける貴重な同盟者と見ていた。そのプーチンがなんと、英国本土で英国市民に化学物質を使って襲い掛かったと告発された。とんでもなくあり得ない話だった。

サーシャの告発の捜査は、誰もやりたがらない仕事だった。この告発により、ロンドン警視庁は前代未聞の問題を投げかけた。これはロシア生まれの謎の男リトビネンコが生み出した与太話なのか、それとも彼の主張は、今まで誰も経験したことがないような事件捜査への挑戦を招くのか―。

真相究明は、誠実で信念を持った刑事たちに託された。ブレント・ハイアット警部補は、サーシャと彼の献身的な妻マリーナから、この話が真実であると直感的に感じとった。サーシャの容態が急速に悪化するなか、ブレントは彼の供述を取ることを決意する。手遅れになる前に―。

犯人逮捕に繋がる十分な手がかりを捜査陣に与えようとした、サーシャの瀕死の床での奮闘ぶりが、本作『リトビネンコ暗殺』第1話の神髄である。第2話以降ではロンドン警視庁による懸命な捜査の一部始終が描かれるが、私たちは作品のリサーチを通じて、ロシア政府どころかイギリス政府までもがこの捜査の継続進展を望んでいなかった事実を発見した。

それでも、クライブ・ティモンズ警視とブレント・ハイアット警部補たちは屈服しなかった。

また本作は、愛する夫の死後10年間に渡り、正義を求めて戦ったマリーナ・リトビネンコの物語でもある。彼女は、このドラマの道徳的な羅針盤のような存在だ。彼女の勇気は、刑事たちに高いハードルを課すことになった。もし彼らが示せる勇敢さが彼女の半分でもあれば、成功する可能性は十分にあることがわかる。

『リトビネンコ暗殺』は、化学物質による攻撃が行われたロンドンの街に始まり、犯人捜索のためモスクワに飛び、そして英国に戻るのだが、最大の闘いは身近なところにあることがわかる。プーチンとその部下に関する疑惑にも関わらず、マリーナの最も困難な戦いは英国政府とのものだったのだからー。

本作は、世界とプーチンとの関係がかつてないほど不安定になった時期に脚本が書かれ、撮影された。サーシャの殺害は、ロシア国家の敵とみなされる人物に対する一連の冷酷な攻撃の始まりであり、このことはかつてないほど重要な意味を持つ。

簡単に言えば、これは善良な人々が悪に立ち向かう話だ。タイムリーであると同時に、普遍のテーマを描いている。

2022年11月
ジョージ・ケイ

キャストコメント

吹替版キャスト&コメント全文


<アレクサンドル・リトビネンコ(デヴィッド・テナント)役>
鈴村健一コメント
本当の現場をロケ地にしているほど、徹底したリアリティの上で制作されたノンフィクションドラマです。だからこそ、その生々しい息づかいを声で支えられればと思いアフレコに臨みました。今の時代だからこそ見るべき価値のある作品です。ぜひご覧ください。


<マリーナ・リトビネンコ(マルガリータ・レヴィエヴァ)役>
清水はる香コメント
この作品を「今」制作し、「今」放送する意味を、私なりに感じながら吹替に挑みました。全4話と短いシリーズですが、多くの方の心に残るドラマだと思います。皆様ぜひご覧ください。


<ブレント・ハイアット(ニール・マスケル)役>
間宮康弘コメント
本作品でブレント・ハイアット刑事役を担当させて頂きました。この作品は、2006年にイギリスで起きた実話を元に制作されています。ー事実は映画を超える、『“本当に起こった”怖い話』ー戦慄のドキュメント作品『リトビネンコ暗殺』。スターチャンネルにて、是非是非ご視聴下さい!

相関図

リトビネンコ暗殺 相関図

コメント

『リトビネンコ暗殺』コメント一覧 ※敬称略 ※順不同



今、ウクライナで起きていること、インドでの反政府ロシア人富豪の不審死など、このドラマがどれほどの勇気と正義を持って作られたか、想像を絶します。
実行犯だけではなく、その背後にある元凶の責任を問うた妻マリーナ、警察、司法、のあるべき姿に称賛を送ります。

安藤優子(ジャーナリスト)


冒頭から最後まで貫く緊張感。「実話を基に…」ではなく「実話だ」と言い切るドラマの強みがここにある。
英国で起きた暗殺事件の首謀者は誰なのか?
17年前に「とくダネ!」が放送したプーチン黒幕説は本当だったのだ!

笠井信輔(フリーアナウンサー)


「死人に口なし」を覆す実話!毒殺あっても黙殺はない。
相次ぐプーチンの関与が疑われる暗殺や未遂の不審死を徹底的に検証し、
支える家族や警察や関係者の信念が伝わる。
ロシアとウクライナ情勢の中で必見のドラマ。プーチンに「ニェット」だけどこのドラマに「ダー!」

デーブ・スペクター(放送プロデューサー)


国の敵と見なされたロシア人は世界のどこにいようと狙われる。
このドラマを通してプーチンを糾弾することがどれほど危険なことか、生々しい実態が世界に伝わるのではないかと思う。
今、このドラマをみることに大きな意味があると感じた。

小原ブラス(ロシア人コラムニスト)


毒殺されたリトビネンコ本人も、奥さんを始め周りの関係者も、犯人の処罰がありえないと分かっていながら、
それでも残虐なプーチン態勢に堂々と反旗を翻す姿は素晴らしい。
イギリス警察の捜査も見事なもので、必見の作品だと思います。

ピーター・バラカン(ブロードキャスター)


リトビネンコやマリーナさんや、多くの人たちのたたかいの成果で、
ようやく、世界中の人たちがプーチンの邪悪な正体を知り、今まさにウクライナで追い詰めようとしている。
貴重なノンフィクションを誰もが見て欲しい。

常岡浩介(リトビネンコ夫妻の友人、フリー記者)


日本では「まさかの放射性物質で暗殺!?」で騒がれたリトビネンコ事件。
ここまでエグいエピソードがあったとは……と、驚くとともに、
実話なのにまるでフィクションの陰謀ミステリーを見てる気分。

よしひろまさみち(映画ライター)


ニュース画面にしか出てこないが、『リトビネンコ暗殺』のもう一人の主役はあの男だ。
この10数年間、西側諸国があの男の暴走を止めるきっかけは何度もあった。
そのことへの苦々しさが本作の沈痛なトーンを決定づけている。

宇野維正(映画ジャーナリスト)

インタビュー

【デヴィッド・テナント(アレクサンドル・リトビネンコ役)インタビュー】


―なぜアレクサンドル・リトビネンコを演じようと思ったのですか?

この事件が何を意味するのか、語り継がれる必要がある重要な物語だからです。私も当時、世界中の人々と同じように、病床のアレクサンドル・リトビネンコの映像を見て衝撃を受けました。最初は、まるでジェームズ・ボンドの映画のような、あり得ない話だと思いました。
彼は自分自身の殺人の唯一の目撃者なのです。
あれほどの毒物に彼の肉体が耐えたことで、死因を突き止めることができたのです。
普通なら毒殺者の思惑通り、ただひっそりと死んでゆくはずでした。原因不明のひとりの男の死として、誰も真実を知らないまま―。

この事件は「実は同じようなことが何度も起きていて、発覚しないままになっているのではないか」という大きな疑問を生むことになりました。
とても現実とは思えないことばかりが起きるのです。そしてこの物語に説得力を与えているのは、この家族の個人的な悲劇であるということです。

この物語が世界的に重要であるからこそ、私たちはリトビネンコ一家の物語を伝えることができるのかもしれません。

―この事件は、前代未聞の殺人事件捜査でしたね。

スタッフ、キャスト全員にとって、マリーナの存在が大きな原動力でした。この物語を正しく伝えなければならない理由であり、私たち全員が責任を感じています。マリーナは、夫の死を無駄にしないために、恐れずに自分の人生を捧げてきました。語り続け、ドアを叩き続け、何が起こったかを世界に伝え続けているのです。この物語の主人公はマリーナなのです。

―リトビネンコはなぜ毒殺されたのでしょうか?

彼はロシアの腐敗について真実を語ることができる人物であり、その結果命が狙われることを自覚していました。しかし、彼は躊躇することなく、何度も何度も訴え続け、権力に屈しなかった。自分が愛してやまない祖国に何が起きているのか、愕然とし、恐怖を覚えていた。目をそらすことができず、そのために暗殺されたのです。並外れた道徳心ゆえでした。彼は誠実さを保ったまま死んだのです。

―病床のリトビネンコを演じたことについて?

あの世界中に知られている、病床の彼の姿を再現することが最初の課題でした。忠実に再現できれば、観客は物語の細部にまで入り込むことができます。熟練スタッフたちが全力を注ぎ、私はただ椅子に座っていただけです。自分の変身した姿を見たときは、一瞬オリジナルを見ているのかと驚き、「いい作品になる」と思いました。

撮影中は信じられないほど殺伐とした気分でした。実在の人物を演じるのは大変なことです。とても重い責任を感じます。なぜなら、演技には常に少し馬鹿げた要素があるからです。メイク・ビリーブであり、フリなのです。説明するのが難しいし、気取っているように聞こえるかもしれませんが、とにかく重責を感じていました。

マリーナに会ったとき、彼女はとても寛大で、家族が一緒に写っている写真をたくさん見せてくれました。その瞬間、何よりも彼女たち家族の気持ちを尊重したいと思いました。

―ロシア語の台詞は大変でしたか?

ファビアン・エンジャリックという素晴らしいボイスコーチと仕事をしました。サーシャの単なる物まねにならないように、私の声域に合ったロシア語のアクセントを探し、バランスをとりながら台詞を作っていきました。リトビネンコは疲れて、英語で話し続けるのが難しくなるとロシア語交じりになります。その表現がとても大変でした。

―サーシャは、イギリスの警察に絶大な信頼を寄せていました。この事件の捜査官たちは自分たちの義務を果たし、彼やマリーナとの約束を守って、正義を貫こうとしたのですね。

この事件の捜査官たちの誠実さ、信念に感動しました。役人が腐敗し、誰も信用できない世界から来たサーシャにとって、イギリスも完璧ではなくても、彼がいた国とは全く違う。イギリスの警察が対応してくれると信じ、やり遂げるという彼の信念は、非常に感動的でした。そして彼が信じた通り、並外れた捜査を行った警察官たちによって、見事に成し遂げられたのです。まだいくつかの疑問が残っていますが、多くのことが明かされました。

ー犯人は誰なのでしょう?

ポロニウムは、ある特定の場所からしか持ち込めません。だから私たちは、彼がロシアによって毒殺されたと確信しています。その痕跡は、この事件を担当した警察官によって徹底的に調査されています。この暗殺はプーチンの指示なしには行われないとリトビネンコは疑っていませんでした。プーチンが関与を全否定し、「彼はもういない。ラザロではない」と言う有名なセリフがあります。しかし、この事件を語り、忘れないようにすることでサーシャはラザロのように蘇り続けます。それがマリーナの使命であり、私たちの誇りでもあるのです。

―視聴者へのメッセージ。

この作品がどのように受け取られるか、どのような影響を与えるか、私にはわかりません。でも、私自身は、ベストを尽くし、とても誇りに思っています。サーシャの思い出とマリーナのライフワークを称えることができれば嬉しいです。それが、私たちが目指したものです。

放送スケジュール

アイコン説明・視聴年齢制限

リトビネンコ暗殺 #1

    この作品の放送予定はありません

リトビネンコ暗殺 #2

    この作品の放送予定はありません

リトビネンコ暗殺 #3

リトビネンコ暗殺 #4

配信スケジュール

<字幕版>全話配信中
<吹替版>全話配信中