インフォメーション

プレスリリース

STAR CHANNEL MOVIES作品 『ラブレス』 アカデミー賞®外国語映画賞ノミネート!

第90回 アカデミー賞® ノミネート作品発表!

この度、「第90回 アカデミー賞®」の 本年度ノミネート作品が1月23日(現地時間)に発表され、映画専門「BS10 スターチャンネル」が、「STAR CHANNEL MOVIES」として劇場公開する作品が、<アカデミー外国語映画賞>にノミネートされました。

<アカデミー外国語映画賞>にノミネートされたのは、ロシアの鬼才アンドレイ・ズビャギンツェフ監督の最新作『ラブレス』 (2018年4月7日より全国公開/配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム、STAR CHANNEL MOVIES)。

本作品は、デビュー作『父、帰る』や『裁かれるは善人のみ』などが世界的に高く評価され、その力強い作風でロシア映画界を牽引しているアンドレイ・ズビャギンツェフ監督の最新作。失踪した息子の行方を追う身勝手な両親の姿を、美しくも冷ややかに描き、2017年・第70回カンヌ国際映画祭でも審査員賞を受賞したサスペンスドラマです。

注目の受賞結果は、3月4日 (現地時間) に行われる「第90回 アカデミー賞®」授賞式で発表。
STAR CHANNEL MOVIES作品として、初の<アカデミー外国語映画賞>受賞となるか!? 是非ご期待ください。

映画部門<外国語映画賞>ノミネート

『ラブレス』(原題:LOVELESS)

『ラブレス』 【ストーリー】
離婚協議中のボリスとジェーニャの夫婦は、それぞれすでに別のパートナーがいて、早く新しい生活に入りたいと苛立ちを募らせていた。12歳になる息子のアレクセイをどちらが引き取るかについて言い争うふたり。
耳をふさぎながら両親の口論を聞いていたアレクセイはある朝、学校に出かけたまま行方不明になってしまう。夫婦は自分たちの未来のために息子を探すが・・・・・・。

4月7日公開より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開(R15+作品)
配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム、STAR CHANNEL MOVIES
©2017 NON-STOP PRODUCTIONS – WHY NOT PRODUCTIONS

“STAR CHANNEL MOVIES”とは?
“映画館でもTVでもスターチャンネルが厳選した良作を”をコンセプトに、映画専門チャンネルであるスターチャンネルが、世界中から厳選した映画のラインナップ。映画館で公開し、その後最速で独占放送します!

インターネットでスターチャンネルが見れる!カンタン加入!

バックナンバー

もっと見る
インターネットでスターチャンネルが見れる!カンタン加入!