STAR CHANNEL MOVIES

レ・ミゼラブル

2020年2月28日(金)新宿武蔵野館、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか
全国ロードショー

第72回 カンヌ国際映画祭 審査員賞受賞!
名作の舞台となったその街は今、悲しみ、怒り、憎しみ、そして暴力が溢れていた―
現代の社会問題をリアルに切り取る衝撃作!!

舞台となるのは、ヴィクトル・ユーゴーの傑作「レ・ミゼラブル」で知られているパリ郊外のモンフェルメイユ。様々なバックグラウンドを持つ人々が暮らし、現在は犯罪多発地区の一部となっており、我々が思い描く“花の都”パリのイメージはそこには存在しない。新人警官と同僚たちが、ある少年の引き起こした些細な事件をきっかけに、やがて取り返しのつかない事態へと陥っていく様を、緊張感あふれる描写で描いた本作は、第72回カンヌ国際映画祭で審査員賞に見事に輝いた。その後、各国の映画祭でも数々の賞を獲得し、第92回アカデミー賞国際長編映画賞ではフランス代表にも選出されている。

監督・脚本を務めたのは、モンフェルメイユで生まれ育ち、現在もその地に暮らす、新鋭ラジ・リ監督。本作が初長編監督作品ながら自身がこの街で体験してきた出来事を、圧倒的な緊迫感とスタイリッシュな映像で見事に描き切っている。

パリ郊外に位置するモンフェルメイユは、移民や低所得者が多く住む危険な犯罪地域と化していた。犯罪防止班に新しく加わることとなった警官のステファンは、仲間と共にパトロールをするうちに、複数のグループ同士が緊張関係にあることを察知する。そんなある日、イッサという名の少年が引き起こした些細な出来事が大きな騒動へと発展。事件解決へと奮闘するステファンたちだが、事態は取り返しのつかない方向へと進み始めることに……。

作品情報

出演
ダミアン・ボナール、アレクシス・マネンティ、ジェブリル・ゾンガ、ジャンヌ・バリバールほか
スタッフ
監督・脚本:ラジ・リ
配給 / 提供
東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
コピーライト
© SRAB FILMS