ニュース

【渡哲也さん追悼放送】 吉永小百合さん共演、なかにし礼さんが直木賞を受賞した同名小説を映画化 『長崎ぶらぶら節』(2000年)

長崎ぶらぶら節
長崎ぶらぶら節
 映画エンターテインメントサービスの「BS10 スターチャンネル」では、映画やテレビドラマで活躍され、8月10日に逝去された日本を代表する俳優、渡哲也さんを偲んで、 映画『長崎ぶらぶら節』(2000)を9月5日(土)午後1:30他にて追悼放送いたします。
 本作は、なかにし礼さんが直木賞を受賞した同名小説を吉永小百合さんと渡哲也さんの共演で映画化。実在した長崎の花街の人気芸者“愛八”と、彼女の運命を変える歴史研究家の出会いを情感豊かに描いた文芸ロマン。『愛と死の記録』(1966)など20代の頃から共演してきた吉永さんと渡さんの顔合わせで、渡さんは何代も続いた老舗商家の旦那で、長崎の歴史研究に生涯をかけた市井の学者、そして愛八が初めて本当の恋を見出した相手である古賀十二郎を大いなる存在感で演じました。監督はTVドラマ『夢千代日記』(1981)などで吉永さんと組んだ深町幸男さん。脚本は長崎出身である市川森一さんが脚本を手がけたことで地元の魅力を引き出し、面影を失いかけていた花街の文化が再評価されるきっかけとなりました。
 渡さんの功績に心より敬意との哀悼の意を表します。

【STAR1】9月5日(土)午後1:30/9月10日(木)夕方6:30/9月14日(月)午前10:45/9月19日(土)よる11:10

【監督】深町幸男
【出演】吉永小百合、渡哲也、高島礼子、原田知世、藤村志保 他
【ストーリー】日本三大色街とされた異国情緒が漂う長崎・丸山に、“愛八”という名の芸者がいた。貧しい漁村に生まれた彼女は、もともと“松尾サダ”という名前だった。10歳で奉公に出され、40年以上経過した今、“愛八”と名を改め「三味線の腕は長崎一」と評されるほどの人気芸者となっていた。ある日、彼女は長崎一の郷土研究家・古賀十二郎と運命的な出会いを果たす。ふたりは、長崎に伝わる古い唄を探す旅に出ることとなるのだが…。
HBO最速独占放送! HBO最速独占放送!
HBO最速独占放送! HBO最速独占放送!