ニュース

マーク・ラファロが一人二役で双子の兄弟を熱演 『アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー』7月28日(火)より「スターチャンネルEX」にて独占配信スタート!

アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー
アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー
Amazon Prime Videoチャンネル「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」は、マーク・ラファロが一人二役で双子の兄弟を熱演し『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランスが監督・脚本を務めたHBO®ドラマ『アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー』を7月28日(火)より独占配信します。精神疾患を患う双子の兄を一人で支えながら、過去の様々なトラウマや、新たに明かされる衝撃的な家族の秘密など数々の困難に直面しながらも、人生を立て直そうと努力する主人公の葛藤を描いたウォーリー・ラムの同名ベストセラー小説を、『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランスがドラマ化。『アベンジャーズ』のマーク・ラファロが一人二役で双子の兄弟を見事に演じ分け、賞レースでの受賞の期待が高まる必見の話題作!また「BS10 スターチャンネル」でも8月26日(水)よる11時より独占日本初放送します。

『アべンジャーズ』のマーク・ラファロが一人二役に挑戦、名優たちの豪華共演も!
『アベンジャーズ』シリーズのハルク役でお馴染みのマーク・ラファロが、主人公である一卵性双生児の双子の兄弟を一人二役で熱演、製作総指揮も務めた。ラファロにとって本作は数々の賞を受賞したTV映画『ノーマル・ハート』以来のHBO®作品の出演となる。さらに、『ザ・ファイター』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したメリッサ・レオが主人公の母親役を、『グッド・ワイフ』でエミー賞を受賞したアーチー・パンジャビが 精神科医を演じ、さらにロージー・オドネル、ジュリエット・ルイスら名優陣が脇を固める豪華キャストにも注目だ!

賞レースの最有力候補必至! マーク・ラファロの渾身の役作りと演技力!
一卵性の双子ではあるが、精神疾患を患う兄トーマスは精神安定剤などの薬の影響で弟ドミニクより一回り太めのキャラクター。特殊メイクやCGに頼らず完全に二役を演じ分けることにこだわったマーク・ラファロは、まず9kg減量してから15週に及ぶドミニクのシーンを撮影。その後撮影をいったん休止し、5週間かけて18kg増量したうえで、統合失調症のトーマスの役に入り込むため様々なリサーチを重ね、トーマスのシーンの撮影に臨んだ。そんなラファロの渾身の演技は、ほとばしるエモーションと鬼気迫るリアリティで、見る者をぐいぐいと画面に引き込む。その圧倒的なパワーは、すべての観客のハートを鷲づかみにすること間違いなしだ。

『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランス監督がテレビドラマに初挑戦
今回初めてテレビドラマを手がけたデレク・シアンフランス監督は、脚本・製作総指揮も兼ね、全6話を自ら監督した。代表作『ブルーバレンタイン』で、とある夫婦の過去と現在を交錯させながら、その愛の軌跡を描き出した監督の特徴とも言えるその手法は本作でも発揮され、兄トーマスに足を引っ張られるような事ばかり起きていた幼少・青年期のエピソードや、前妻との苦い思い出、義父に怯えて育った幼少期の辛い記憶など、過去と現在を交錯させながら、繰り返される不幸にあえぐ主人公ドミニクの苦悩の日々を描いている。第5話で描かれる、祖父がシチリアからアメリカに移住した当時の回想シーンは『ゴッドファーザー Part II』を彷彿とさせ、アメリカにおける移民の歴史の一コマもさりげなく垣間見ることできる。監督自身が “6時間の映画” と語るにふさわしい、見応えのある人間ドラマに仕上がっている。

【配信】Amazon Prime Videoチャンネル 「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」
◆字幕版:7月28日(火)より 毎週火曜1話ずつ更新

【放送】BS10 スターチャンネル
◆字幕版:8月26日(水)より 毎週水曜よる11時ほか (※8月22日(土)字幕版第1話無料放送)  

スターチャンネル×HBO
スターチャンネル×HBO