ニュース

スターチャンネル

“超つかえるエンタメアプリ” として、 あの情報誌「ぴあ」がパワーアップして復活! スマートフォンアプリ 「ぴあ」を11月29日(木)に待望の本創刊!

「ぴあ」(スマートフォンアプリ) を11月29日(木)に本創刊
「ぴあ」(スマートフォンアプリ) を11月29日(木)に本創刊
ぴあ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:矢内廣)は、 2011年に休刊したエンタテインメント情報誌「ぴあ」の流れをくむ新しいメディアを、 スマートフォンアプリ「ぴあ」として2018年11月29日(木)に待望の本創刊!

かつて情報誌「ぴあ」が提供したエンタテインメントとの“偶然の出会いと発見”を再び提供するだけでなく、 デジタル化・インターネット化による機能性・利便性を加えた、まったく新しい「ぴあ」。 これは、情報誌「ぴあ」の復活でもあり、まったく新しい「ぴあ」の誕生と言っても過言ではない。

2011年の情報誌「ぴあ」休刊時に、 当時の熱烈なファンと“役割をみつけたら再び戻ってくる”と約束した「ぴあ」。 2018年末、ついに、その約束が果たされました。

「ぴあ」(スマートフォンアプリ)

― 検索ではたどり着けない“エンタメとの偶然の出会いと発見”は、「ぴあ」ならではの歓び ―
情報誌「ぴあ」は、映画・音楽・演劇・アート等のエンタテインメント(以下、エンタメ)の「いつ」「どこで」「何を」の開催情報を網羅・整理し、読者がエンタメを、雑誌1冊の中で直感的に・素早く・簡便に見つけられるという価値を提供しました。と同時に、複数のジャンルや分野の情報をひとつの雑誌に集約することにより、ジャンルや分野を横断して、ページをめくる中で見つける・見つかる出会い=“エンタメとの偶然の出会いと発見”を、提供しました。
本サービスでは、情報誌「ぴあ」同様、メジャー・マイナーに関わらず、すべてのエンタメ情報を公平に、網羅的に紹介します。 また、瞬間的に「いま」「ここ」で行われているイベントの情報が一覧表示される、ぴあ式の新しい検索機能「今すぐぴあする」や、 エンタメの目利き・ツウのオススメ「水先案内」企画で、人々とエンタメとのさらに進化した“偶然の出会いと発見”を提供します。

― 「ぴあ」の強みにデジタルテクノロジーの良さを加え、エンタメ好きの“超つかえる”を実現 ―
アプリになった「ぴあ」では、チェックひとつでエンタメ情報のリマインダーや鑑賞記録が作成できる「マイノート」や、好きなアーティスト、俳優などの最新情報を見逃すことなくチェックできる「マイごひいき」などの新しい機能はもちろん、読者と編集部・読者同士のコミュニケーションの場(投稿コーナー)「はみだしYOUとPIA」や、映画館や美術館の入場料金割引クーポン「マルぴ」も、デジタルならではの機能・利便性を加えて復活。アプリの起動画面は情報誌「ぴあ」の表紙を長年にわたって描いてきた及川正通先生による、描きおろしの新作が毎月更新されます。
※6月29日より配信したテスト版にて20万DLを達成

「ぴあ」再び!に、お祝いコメントが!
三谷幸喜 (劇作家、演出家、映画監督)
「ほら、絶対戻って来ると思ってた。言ってたよね、言ってたよね。だってそうじゃないと、やっぱり、ねえ。」

及川正通 (イラストレーター)
「しばらく冬眠をむさぼっていた僕は、揺り起こされて、デジタルとして甦えった。『ぴあ』の表紙を再び絵描くことになりました。世の中デジタルの時代に移りはしたものの、そこに存在するスターたちはよりホットに感性豊かに躍動しています。そんな時代の『顔』を熱くパロデックに描けたら、また『ぴあ』の続きが始まります。」
「それにしても直美はエネルギッシュ!」
「ぴあ」の主なコンテンツと機能紹介
<ポイント①:一覧性で見つける>
● ぴあ式検索「今すぐぴあする」
開いた瞬間、「いま」「ここ」で行われているイベントの情報が一覧で表示される「ぴあ式」の 新しい検索。さらに「希望の時間」、「希望のエリア」など幅広く検索することもできる。 目的のある検索とは違った形でエンタメとの“偶然の出会いと発見”を提供します。 ※公演情報は「東京(首都圏)版」からスタート。来春の「関西版」「中部版」対応を予定しています。

<ポイント②:楽しめる独自コンテンツ>
● バラエティに富んだ、たくさんの連載企画
各界の著名人・文化人・第一線で活躍中のミュージシャンや俳優など、バラエティに富んだ、 ここでしか読めないたくさんの連載記事。納得の顔ぶれ+ここまでやるか!という連載数を 毎日更新していきます。
「池上彰の映画で世界がわかる!」「LiLiCo のこの映画、埋もらせちゃダメ!」等 「よくばり❣プラン」(有料)登録で、好きな連載のアーカイブをいつでも読み放題に
● エンタメの目利き・ツウが水先案内人として毎日おすすめしてくれる 各界の評論家や専門家をはじめ、エンタメの目利き・ツウが100 人以上参加 している「水先案内人」コーナーでは、「いまみるべき1 本」を毎日教えてくれます。 水先案内人ならではの視点の解説を読むことで、新しい見方や発見もあるかもしれません。
● ビジュアル、動画などリッチコンテンツも豊富 作品/公演の基本情報には、数多くのビジュアルや映像も掲載。チラシ画像や予告編映像など、 様々な形で作品/公演の内容を楽しく、詳しく知ることができます。

<ポイント③:デジタル・インターネットでさらに便利、さらにお得>
● 自分専用「マイノート」機能でエンタメライフがさらに充実
「マイノート」機能では、数多くの作品/公演情報の中からリマインダー(「みたい」リスト) やエンタメダイアリー(「みた」リスト)をチェックひとつで作成できます。「ブックマーク」 には連載やニュースなどの気になった記事をとりおきができます。各リストは他人には見えない 「自分専用」ノートです。
「よくばり❣プラン」(有料)登録で、数量・期間無制限で利用可能に
●「マイごひいき」機能で必要な情報を逃さずチェック
自分の好きな監督・俳優・アーティストや、水先案内人をごひいき登録しておくと、ごひいき した人の公演や出演作品、水先案内文を逃さずチェックできます。 「よくばり❣プラン」(有料)登録で、ごひいきできる数がほぼ無制限に
● エンタメパスポート「マルぴ」でお得
情報誌「ぴあ」の表紙を映画館や美術館の窓口で提示することで入場料の割引サービスを 受けることができた「マルぴ」も復活。新しい「マルぴ」は、専用の「マルぴ」マーク画面を 施設で提示する形です。
「よくばり❣プラン(有料)」登録で、「プレミアムなマルぴ」が利用可能に
●「チケットぴあ」や映画館EC サイトと連携でチケット購入もスムーズ
作品/公演情報で、「チケットぴあ」での取り扱いがあるものについては「チケットぴあ」マーク がつき、マークをタップするとその作品/公演の販売ページにそのままスムーズに移動できます。 また、シネコン等の映画館上映スケジュールからは、各映画館のEC サイトにもスムーズに移動 することができます。

<ポイント④:ぴあファン向け>
● 及川正通氏の描き下ろし表紙 / はみだしYOU とPIA など
2011 年に休刊するまで、情報誌「ぴあ」の表紙を35 年以上にわたり描き続け、2007 年には 「同一雑誌の表紙イラスト制作者として世界一長いキャリア」としてギネス世界記録に認定された イラストレーター・及川正通氏の表紙イラストも、再び!です。毎月、新作の描き下ろし イラストがアプリの起動画面に登場します。また、読者と編集部・読者同士のコミュニケーション の場でもあった読者投稿コーナー「はみだしYOU とPIA」も、デジタルならでは の見せ方とともに復活しています。

ダウンロードはコチラから
https://lp.p.pia.jp/

スタ―チャンネルでスカパーを見よう!1ヵ月980円キャンペーン実施中! マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ! ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~ スターチャンネル×HBO
スタ―チャンネルでスカパーを見よう!1ヵ月980円キャンペーン実施中! マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ! ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~ スターチャンネル×HBO