ニュース

新「スター・ウォーズ」プロデューサー、ルーカスフィルム重役に

「スター・ウォーズ ザ・ライズ・オブ・ スカイウォーカー(原題)」
「スター・ウォーズ ザ・ライズ・オブ・ スカイウォーカー(原題)」
全世界待望のシリーズ最新作「スター・ウォーズザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)」のプロデューサーを務めたミッシェル・レジャンが、ルーカスフィルムに重役として迎えられたことが明らかになった。ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長は、レジャンをシニア・バイス・プレジデントに任命したと発表。レジャンは「スター・ウォーズ」の実写映画およびドラマの企画開発と製作を統括することになる。

J・J・エイブラムスの製作会社バッド・ロボットでキャリアをスタートさせたレジャンは、「スーパー8」でアソシエイト・プロデューサー、「スタートレックイントゥ・ダークネス」と「スター・ウォーズフォースの覚醒」で共同プロデューサーを担当。「スター・ウォーズザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)」では、プロデューサーとしてケネディ、エイブラムスと肩を並べている。また、2015年からはルーカスフィルムの有識者チーム「ブレイントラスト」に参加している。

レジャンの雇用について、ケネディ社長は声明を発表。「『フォースの覚醒』と『ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』を通じて過去7年にわたり一緒に仕事をする機会があり、ミッシェルが脚本家や監督と仕事をするさまを間近で見て来ました。こうした超大作にまつわる複雑な問題を処理するために用いる、彼女のクリエイティブなスキルと能力に、私はとてつもない感銘を受けています」。

ルーカスフィルムは、「スター・ウォーズザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)」以降の映画作品の企画開発と並行して、ディズニーの新ストリーミングサービス「Disney+(ディズニープラス)」向けに、「ザ・マンダロリアン(原題)」と「ローグ・ワンスター・ウォーズ・ストーリー」のキャシアン・アンドー(ディエゴ・ルナ)を主人公にした実写ドラマを準備中であることを明らかにしている。
スターチャンネル4K スターチャンネル×HBO
スターチャンネル4K スターチャンネル×HBO