ニュース

サム・ロックウェル、イーストウッド監督作に参加

サム・ロックウェル
サム・ロックウェル
クリント・イーストウッド監督の次回作「TheBalladofRichardJewell(原題)」に、「スリー・ビルボード」で第90回アカデミー賞助演男優賞を受賞したサム・ロックウェルが、出演交渉中と米バラエティが報じている。

本作は、1996年のアトランタオリンピック開催中に偶然爆弾を発見したことで、人生を大きく狂わされた警備員、リチャード・ジュエル氏の実話を描く。巡回中に爆弾の入った不審物を見つけ、多くの犠牲を未然に防いだとして一度は英雄扱いされたジュエル氏だが、容疑者であるとの誤報が流されたことがきっかけで事態が一変。のちに真犯人が捕まり、無実が証明されたものの、報道によって人生を踏みにじられたジュエル氏は、2007年に44歳の若さで心臓発作により死去している。

サム・ロックウェルがオファーされているのはジュエル氏を担当する弁護士役で、ジュエル氏役はまだ決まっていないとのこと。

もともとは「ウルフ・オブ・ウォールストリート」で共演したジョナ・ヒルがジュエル氏、レオナルド・ディカプリオが弁護士役を演じる予定だったが、2人はプロデューサーにまわり、イーストウッド主演・監督の前作「運び屋」の製作チームであるティム・ムーアとジェシカ・マイヤーがイーストウッドと共同で製作を手がける。脚本は「キャプテン・フィリップス」のビリー・レイ。

なお、同作の映画化権は米20世紀フォックスが保有していたが、今年、同社を買収した米ウォルト・ディズニーは、イーストウッド監督の制作会社マルパソが契約を結ぶ米ワーナー・ブラザースに権利を譲っている。
スターチャンネル4K スターチャンネル×HBO
スターチャンネル4K スターチャンネル×HBO