ニュース

サラ・コナー&T-800がカムバック! 「ターミネーター」最新作、ティザー予告完成

日本版ポスターはクールなサラの姿を活写!
日本版ポスターはクールなサラの姿を活写!
世界的人気シリーズ「ターミネーター」の最新作「ターミネーターニュー・フェイト」の公開日が11月8日に決定し、日本版ポスターとティザー予告がお披露目された。ファンが長年待ち焦がれていたシリーズの“レジェンド”たちの雄姿をとらえている。

シリーズ生みの親であるジェームズ・キャメロンが製作としてカムバックし、「デッドプール」などのティム・ミラー監督がメガホンをとる。「ターミネーター3」「ターミネーター4」「ターミネーター:新起動ジェニシス」の世界線はリセットされ、「ターミネーター2」の直接的な続編として描かれる。

T-800役のアーノルド・シュワルツェネッガーに加え、2以降のシリーズには「脚本が魅力的ではない」という理由で参加を拒否してきたサラ・コナー役のリンダ・ハミルトンが「本作は最初の2作品のように響くものよ」と自信を胸にカムバックを果たした。日本版ポスターでは、お馴染みのサングラスをかけて銃を構えながら、荒野らしき道路に佇んでいる彼女の姿が確認できる。

ティザー予告では、かつての若きサラ・コナーを彷彿とさせるダニー・ラモス(ナタリア・レイエス)、彼女を守ろうとする謎の女性グレース(マッケンジー・デイビス)の逃亡劇からスタート。2人を追いかけるのは、「ターミネーター2」に登場したT-1000がさらに進化を遂げたような最新型ターミネーター“REV-9”だ。やがて訪れる絶体絶命のピンチ――その時、颯爽と車で駆けつけたのは、武装したサラ・コナーだった。

「あなたは誰?」「なぜ彼女を守るの?」というグレースの問いかけに対して、「私はサラ・コナー」「私も守られたからよ」と応じるサラ。キャメロンが「みんなサラ・コナーがどんな時間を過ごして、どんな未来を生きてきたのかを見たいだろうと思ったんだ」と語るように、本作では「ターミネーター2」以降、彼女がどのような人生を歩んできたのかという点が明らかにされていく。

また「ターミネーター2」において、T-800は溶鉱炉へと沈んでいった。しかし映像のラストでは、歳を重ねたように見える彼の姿が映し出されており「T-800はどのように蘇ったのか?」「なぜ現代に隠れて生活していたのか?」と謎が深まる仕上がりだ。

「ターミネーターニュー・フェイト」は、11月8日から全国公開。
スターチャンネル4K スターチャンネル×HBO
スターチャンネル4K スターチャンネル×HBO