ニュース

【国内映画ランキング】「名探偵コナン」V2、「キングダム」は2位 「クレしん」「シャザム!」などが上位に

コナンがV2!
コナンがV2!
4月20日~21日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。ゴールデンウィーク向けの作品が続々と公開され、新作4本が2位から5位にランクインしたが、「名探偵コナン紺青の拳(フィスト)」が首位を2週連続で堅持した。週末2日間で動員67万8000人、興収8億8600万円を稼ぎ、累計動員は275万人、興収は35億円を突破している。

話題作「キングダム」は2位スタート。作品は、中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久のベストセラー漫画を山崎賢人主演、佐藤信介監督で実写映画化したアクション大作。19日より全国388スクリーンで公開され、土日2日間で動員38万2000人、興収5億2600万円をあげた。これは2011年に公開され、最終興収34.5億円を記録した佐藤監督「GANTZ」の興収比88.7%の成績。公開3日間では動員50万7000人、興収6億9000万円を記録し、最終興収30億円以上が見込める出足となった。

3位には「映画クレヨンしんちゃん新婚旅行ハリケーン失われたひろし」が初登場。人気長寿アニメの劇場版27作目となる。19日より全国356スクリーンで公開され、土日2日間で動員24万2000人、興収2億8900万円をあげた。これは昨年4月に公開され、最終興収18.4億円を記録した前作「映画クレヨンしんちゃん爆盛!カンフーボーイズ拉麺大乱」の興収比78.7%の成績。3日間では動員26万人、興収3億円を突破し、前作並みが期待できるスタートを切っている。

新作では他に、「シャザム!」が4位にランクイン。同作は、「スーパーマン」や「バットマン」と同じDCコミックスのヒーローを映画化したアクションコメディ。19日より全国723スクリーンで公開され、土日2日間で動員11万5000人、興収1億6700万円を記録した。この成績は、今年2月に公開された同じDCコミックのヒーローが原作の「アクアマン」の興収比53.2%。まずは興収10億円が当面の目標となりそうだ。

なお、全国73スクリーンで公開された「劇場版響け!ユーフォニアム誓いのフィナーレ」は5位発進。吹奏楽に打ち込む高校生たちの青春を描いた京都アニメーション制作の人気アニメの完全新作劇場版となる。
BS10 スターチャンネル presents オードリー・ヘプバーン映画祭 スターチャンネル4K スターチャンネル×HBO
BS10 スターチャンネル presents オードリー・ヘプバーン映画祭 スターチャンネル4K スターチャンネル×HBO