ニュース

“韓国の国宝級マッスル”マ・ドンソク主演「無双の鉄拳」「守護教師」が日本上陸!

「無双の鉄拳」では“雄牛”という異名で恐れられた男を熱演!
「無双の鉄拳」では“雄牛”という異名で恐れられた男を熱演!
「新感染ファイナル・エクスプレス」で注目を浴びたマ・ドンソクの最新主演作「無双の鉄拳」「守護教師」が日本公開されることが決定。韓国初登場1位を飾った「無双の鉄拳」は6月28日、女子高生失踪事件に挑む熱血教師を演じた「守護教師」は8月2日より公開される。

「無双の鉄拳」(監督&脚本:キム・ミンホ)は、「アシュラ」「犯罪都市」のホ・ミョンヘンが武術監督を務めたノワール・アクション。マが演じるのは、一度キレたら誰にも止められない“雄牛”という異名で恐れられた男ドンチョルだ。かつての荒んだ生活から抜け出し、現在は愛する妻ジスと暮らしていたが、その平穏な日々が1本の電話によって崩壊する。電話の主が告げたのは、ジスの誘拐――身代金を要求はせず、金と引き換えに彼女のことを忘れろという。警察の捜査はままならず、怒りに震えるドンチョルは、ジスを救うために独自で動き出す。

マのほか、「新しき世界」のソン・ジヒョ、「アジョシ」のキム・ソンオ、「ビューティー・インサイド」のキム・ミンジェ、「犯罪都市」のパク・ジファンが出演。「死にたい奴から、かかって来い」というコピーとともに、マが威圧感たっぷりの睨みをきかせるポスターに加え、予告編も完成。囚われの身となった愛妻を救うべく、“拳ひとつ”で猛進するドンチョルの活躍が映し出されている。

そして「守護教師」(監督&脚本:イム・ジンスン)で演じるのは、元ボクシングチャンピオンだった女子高の体育教師ギチョル。暴力沙汰によりコーチの職を失い、新天地となった女子高で働き始めたギチョルは、それまで男ばかりの世界で過ごしてきたためか、女生徒に囲まれて戸惑うばかり。そんななか、こつ然と姿を消してしまった同級生の安否を気遣う少女ユジンと知り合うことに。やがてユジンが何者かに襲われたことをきっかけに、ギチョルは彼女の代わりに生徒の行方を探し出そうとする。

共演に名を連ねるのは、「私の少女」「悪魔は闇に蠢く」のキム・セロン、「FLU運命の36時間」のイ・サンヨプ、「犯罪都市」のチン・ソンギュ。場面写真も披露され、マが女子生徒捜索に奮闘する姿、白シャツ姿によってはちきれんばかりの筋肉が強調されたカットなどが確認できる。

「無双の鉄拳」は6月28日、「守護教師」は8月2日より東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋ほか全国順次公開。
BS10 スターチャンネル presents オードリー・ヘプバーン映画祭 スターチャンネル4K スターチャンネル×HBO
BS10 スターチャンネル presents オードリー・ヘプバーン映画祭 スターチャンネル4K スターチャンネル×HBO