ニュース

アニメーションの神様、ユーリー・ノルシュテインの制作風景映像を公開

モスクワにあるノルシュテインのスタジオ“アルテ”を訪問
モスクワにあるノルシュテインのスタジオ“アルテ”を訪問
「話の話」「霧の中のハリネズミ」などの名作を生み出し、手塚治虫、宮崎駿、高畑勲らからもリスペクトされるロシアのアニメーション作家、ユーリー・ノルシュテインを追ったドキュメンタリー「ユーリー・ノルシュテイン『外套』をつくる」。このほど、ノルシュテインの制作風景を映した本編映像の一部が公開された。

ノルシュテインは30年以上の歳月をかけて、ロシアの文豪ゴーゴリの名作「外套」のアニメーション作品を制作しているが、未だ完成に至っていない。2016年6月、旧知の仲である才谷遼監督が、モスクワにあるノルシュテイン・スタジオ“アルテ”を訪問し、ノルシュテインに取材を試みる。

公開された映像では、ノルシュテインが自身のスタジオで、撮影台に置かれた大きな紙の上に、雪に見立てた白い粒を勢いよく撒き、「外套」のシーンの一部を撮影監督のマクシム・グラニクとともに撮影する貴重な制作風景を垣間見ることができる。「この30年……『外套』のことだけ考えてきた」と語るノルシュテインだが、現在も「外套」は未完だ。制作が止まっている理由を問われ、訥々と語るノルシュテインの姿をカメラは捉え、彼の苦悩と情熱、哲学を映し出す。

「ユーリー・ノルシュテイン『外套』をつくる」は、3月23日からシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。
スターチャンネル4K スタ―チャンネルでスカパーを見よう!1ヵ月980円キャンペーン実施中! スターチャンネル×HBO
スターチャンネル4K スタ―チャンネルでスカパーを見よう!1ヵ月980円キャンペーン実施中! スターチャンネル×HBO