ニュース

ミンディ・カリング脚本、エマ・トンプソン主演の新作をアマゾンが獲得

エマ・トンプソン
エマ・トンプソン
米アマゾン・スタジオが、サンダンス映画祭の話題作「LateNight(原題)」の米配給権を1300万ドルで獲得した。

エマ・トンプソンとミンディ・カリングが共演する本作は、視聴率が低迷する深夜トーク番組の司会者(トンプソン)が、テコ入れのため脚本家チームに初の女性(カリング)を抜てきしたことから起こる騒動を描いたコメディ。アメリカ版「TheOffice」や映画「オーシャンズ8」で知られるインド系アメリカ人女優のカリングが脚本を執筆した。カリングは2004年に「TheOffice」脚本チームに加わった際、番組で唯一の有色人種の女性だった経験をもとに本作を構想したという。

米バラエティによれば、当初はFOX2000が製作、「ゴーストバスターズ」「ブライズメイズ史上最悪のウェディングプラン」のポール・フェイグ監督がメガホンをとる予定だったが、カリングの妊娠やトンプソンの家族の病気などでクランクインが遅れた。結果、FOX2000は降り、30ウェストとフィルムネイションが製作。「シンプル・フェイバー」の撮影と重なったフェイグに代わり、アマゾンのドラマ「トランスペアレント」のニシャ・ガナトラが監督を務めた。

ちなみに、アマゾンは2017年にサンダンス映画祭で「ビッグ・シックぼくたちの大いなる目ざめ」の米配給権を1200万ドルで獲得した。同作は、人種の異なるカップルが結婚に向けて文化の違いによる障壁を乗り越えていく実話を描いたコメディで、アカデミー賞脚本賞(クメイル・ナンジアニ&エミリー・V・ゴードン)にノミネートされた。
スターチャンネル4K スターチャンネル×HBO
スターチャンネル4K スターチャンネル×HBO