ニュース

“ロッキー語録”が刺さる!「クリード」続編の冒頭映像公開

師弟のきずなが熱い!
師弟のきずなが熱い!
「ロッキー」シリーズを新たな物語として復活させた「クリードチャンプを継ぐ男」の続編「クリード炎の宿敵」(公開中)の冒頭映像を、映画.comが独占入手した。世界タイトルマッチに挑む直前のアドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)とロッキー・バルボア(シルベスター・スタローン)のやり取りを収め、2人の固いきずなを感じさせるシーンになっている。

前作でボクシングの道に進むことを決意したクリードは、亡き父アポロ(カール・ウェザース)の親友であったロッキーにトレーナーになるよう依頼。共に数々の戦いに挑むうちに、アポロに会ったことがないアドニスにとって、ロッキーは師匠でもあり父親のような存在になっていった。本作では、「ロッキー4炎の友情」でアポロを葬ったイワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)の息子ヴィクター(フロリアン・“ビッグ・ナスティ”・ムンテアヌ)が登場し、アドニスが因縁の対決に挑む。

6連勝と快進撃を続けるアドニスは、遂に念願のタイトル戦のチャンスをつかむ。控室でウォーミングアップをするアドニスに向けて、ロッキーは「リングへの階段は3段しかない。たった3つだ。だが今夜は山のように高い」と世界戦の難しさを説き、「ロープの先は、世界一孤独な場所だ」「お前がリングで証明するのは、誰かのためか?お前自身のためか?」と問いかける。

「俺自身のためだ」と自分に言い聞かせるかのように応じるアドニスに、ロッキーも「そうだ」とうなずく。神妙な表情のアドニスが「髪、どうした?」と質問すると、トレード―マークの帽子をかぶっていないロッキーは「セットした。特別な日だからな。俺の髪はいいから集中しろ」と答えてから、「証明してこい」と言葉をかけ、アドニスを試合に送り出す。わずかな時間でアドニスをリラックスさせ、さらに気合いを注入するロッキーの優しい心遣いが伝わる映像になっている。
BS10 スターチャンネル presents オードリー・ヘプバーン映画祭 スターチャンネル4K スターチャンネル×HBO
BS10 スターチャンネル presents オードリー・ヘプバーン映画祭 スターチャンネル4K スターチャンネル×HBO