ニュース

映画版「バトルスター・ギャラクティカ」に「蜘蛛の巣を払う女」脚本家

「蜘蛛の巣を払う女」のジェイ・バスが起用
「蜘蛛の巣を払う女」のジェイ・バスが起用
米ユニバーサル・ピクチャーズの映画版「バトルスター・ギャラクティカ」の脚本家として、「蜘蛛の巣を払う女」のジェイ・バスが起用された。

本作は、1978年に放送されたテレビシリーズ「宇宙空母ギャラクティカ」の映画化で、機械人間サイロンの奇襲攻撃を生き延びたわずかな人類が、宇宙空母ギャラクティカ率いる船団で安住の地を探すという物語。2003年に「バトルスター・ギャラクティカ」としてリブートされたテレビドラマが大ヒットを記録したことから、ユニバーサルは数年前から映画化の準備を進めてきた。

米ハリウッド・レポーターによれば、映画版は「ハンガー・ゲーム」シリーズのフランシス・ローレンスが監督を務める。ドラマ「ウエストワールド」のリサ・ジョイが執筆した草稿を、バスがリライトする。

バスが共同執筆した「蜘蛛の巣を払う女」は、世界的ベストセラー小説「ミレニアム」シリーズの第4作を映画化したサスペンス。デビッド・フィンチャー監督&ルーニー・マーラ主演でシリーズ第1作を映画化した「ドラゴン・タトゥーの女」に続く物語となり、主人公リスベット役をドラマ「ザ・クラウン」のクレア・フォイが演じ、監督を「ドント・ブリーズ」で注目されたフェデ・アルバレスが務めている。2019年1月11日から日本公開。
BS10 スターチャンネル presents オードリー・ヘプバーン映画祭 『ゲーム・オブ・スローンズ 最終章』玉座に座るのは誰だ!?予想 キャンペーン スターチャンネル4K スターチャンネル×HBO
BS10 スターチャンネル presents オードリー・ヘプバーン映画祭 『ゲーム・オブ・スローンズ 最終章』玉座に座るのは誰だ!?予想 キャンペーン スターチャンネル4K スターチャンネル×HBO