ニュース

「フォー・ウェディング」続編、短編として制作 チャリティ番組向けに

短編として続編を制作
短編として続編を制作
ロマンティックコメディ「フォー・ウェディング」(1994)のその後を描く短編映画が、英チャリティ番組のために制作中であることが明らかになった。米Deadlineが報じている。

「フォー・ウェディング」は、結婚式のたびに顔を合わせる男女の恋愛を描くロマンティックコメディで、「FourWeddingsandaFuneral」という原題通り、4回の結婚式と1回の葬式を舞台に、主人公のチャールズとその友人たちの人間模様が描かれる。脚本を執筆したリチャード・カーティスと主人公を演じたヒュー・グラントはこの作品でブレイクし、その後、「ノッティングヒルの恋人」(99)、「ラブ・アクチュアリー」(2003)、「ブリジット・ジョーンズの日記きれそうなわたしの12か月」(04)などでタッグを組むことになる。

貧困の子供たちを救うためのチャリティ番組「レッド・ノーズ・デイ」の共同発起人を務めるカーティスは17年、同番組向けに「ラブ・アクチュアリー」の続編として短編映画「レッド・ノーズ・デイ・アクチュアリー」を制作。ヒュー・グラントやリーアム・ニーソン、コリン・ファース、キーラ・ナイトレイ、ビル・ナイ、ローワン・アトキンソン、アンドリュー・リンカーンら、オリジナルキャストの多くがそれぞれの役の14年後を演じ、話題を集めた。

そしてこのほど、カーティスが来年放送の「レッド・ノーズ・デイ」向けに、「フォー・ウェディング」の登場人物の25年後を描く短編映画「OneRedNoseDayandAWedding(原題)」を制作していることがわかった。グラントやアンディ・マクダウェル、クリスティン・スコット・トーマス、ジョン・ハナー、アトキンソン、サイモン・キャロウといったオリジナルキャストの多くが復帰。さらに、スペシャルゲストも登場するという。脚本はカーティスが執筆し、オリジナル版同様にマイク・ニューウェル監督がメガホンをとるという。

「レッド・ノーズ・デイ」は19年3月15日にイギリスで放送。アメリカでは2019年5月に放送予定。
BS10 スターチャンネル presents オードリー・ヘプバーン映画祭 『ゲーム・オブ・スローンズ 最終章』玉座に座るのは誰だ!?予想 キャンペーン スターチャンネル4K スターチャンネル×HBO
BS10 スターチャンネル presents オードリー・ヘプバーン映画祭 『ゲーム・オブ・スローンズ 最終章』玉座に座るのは誰だ!?予想 キャンペーン スターチャンネル4K スターチャンネル×HBO