ニュース

アメリカ政府の“巨大な嘘”を暴け! 名匠ロブ・ライナー新作「記者たち」公開決定

ウッディ・ハレルソン、ジェームズ・ マースデンらが共演
ウッディ・ハレルソン、ジェームズ・ マースデンらが共演
「スタンド・バイ・ミー」「最高の人生のつくり方」を手がけた名匠ロブ・ライナー監督の最新作「記者たち衝撃と畏怖の真実」が、2019年3月下旬に日本公開されることが決定した。イラク戦争の大義名分である“大量破壊兵器”の存在に疑問を持ち、真実を追い続けた実在の記者たち4人の奮闘を描いており、ライナー監督にとっては「イラク戦争が起きた当時から、これをテーマに映画化を考えていた」と語るほど、並々ならぬ情熱を注いだ作品となった。

02年、ジョージ・W・ブッシュ大統領はサダム・フセイン政権を倒壊させるべく、「大量破壊兵器の保持」を理由にイラク侵攻に踏み切ることを宣言。NYタイムズ、ワシントン・ポストなどの大手新聞社が政府の情報を信じて報道し続けるなか、地方新聞社を傘下に持つナイト・リッダー社だけは信念を貫き「それは真実なのか」と問い続けていた。異なる意見を排除しようとする波に押され、次第に孤立を深めていく同社。そして03年、ブッシュ大統領はイラクを武装解除し、世界を危険から守るための「衝撃と畏怖」作戦実行の決定を下す。

ライナー監督作「LBJケネディの意志を継いだ男」にも出演したウッディ・ハレルソンと「魔法にかけられて」「大統領の執事の涙」のジェームズ・マースデンが、粘り強い取材活動によって真実を近づいていくナイト・リッダー社の記者ジョナサン・ランデーとウォーレン・ストロベルを熱演。そのほか、トミー・リー・ジョーンズが元従軍記者のベテランジャーナリスト役、ミラ・ジョボビッチがランデーの妻役、ジェシカ・ビールがストロベルの恋人役として出演し、ライナー監督もナイト・リッダー社ワシントン支局長役で登場している。

また本作の日本公開を記念し、ライナー監督が初来日を果たすことがわかった。ライナー監督は「私の最新作『記者たち衝撃と畏怖の真実』が日本で公開されると聞き、大変嬉しく、とても興奮をしています。また、来年1月末に予定している人生初めての日本への旅をとても楽しみにしています」とコメントを寄せている。

「記者たち衝撃と畏怖の真実」は、ジャーナリストの池上彰氏が字幕監修を担当。19年3月下旬から東京・TOHOシネマズシャンテほか全国公開。
オードリー・ヘプバーンカレンダー2019 スターチャンネルをスカパーで見よう! スターチャンネル×HBO インターネットでスターチャンネルが見れる!カンタン加入!
オードリー・ヘプバーンカレンダー2019 スターチャンネルをスカパーで見よう! スターチャンネル×HBO インターネットでスターチャンネルが見れる!カンタン加入!