STAR EX


ニュース

『ハリー・パーマー 国際諜報局』 「パタリロ!」「翔んで埼玉」の魔夜峰央による描き下ろしイラスト到着! 天野ひろゆき(キャイ~ン)、ビビる大木、梅沢富美男他メガネ著名人からの絶賛コメントも!

写真:『ハリー・パーマー 国際諜報局』/イラスト:©魔夜峰央
写真:『ハリー・パーマー 国際諜報局』/イラスト:©魔夜峰央
 「スターチャンネルEX」では、60年代にジェームズ・ボンドと対極の主人公として一世を風靡した元祖“黒縁メガネスパイ”が57年ぶりに新たなキャスト&スタッフで蘇る最新海外ドラマシリーズ『ハリー・パーマー 国際諜報局』 (全6話、字幕版)が独占日本初配信中!毎週金曜日に1話ずつ更新され、本日6月10日からいよいよ最終話の第6話が配信される。更に6月30日(木)まで期間限定で第1話が無料配信中だ。

 本作の前身である映画『国際諜報局』は、イギリスの作家レン・デイトンが1962年に「007」へのアンチテーゼとして執筆したスパイ小説「イプクレス・ファイル」を原作に映画化され、主人公である諜報員ハリー・パーマーを演じたマイケル・ケインを一躍スターにした。労働者階級出身、黒縁メガネで料理好きとジェームズ・ボンドとは対照的なキャラクターは人気を博しシリーズ化。映画『キングスマン』や『オースティン・パワーズ』シリーズがオマージュを捧げた作品としても知られている。

 この度配信・放送を記念して「パタリロ!」(白泉社の総合エンタメアプリ「マンガPark」で連載中)、「翔んで埼玉」で知られる漫画家の魔夜峰央さんからの応援イラストが到着!黒縁メガネでお得意の料理をしているハリー・パーマーの姿が描かれている!!「パタリロ!」の人気キャラクターで「MI6」情報部員のバンコランとも対決できるかも!?
魔夜さんからは「よく見ると、ハリー・パーマーはとても鋭い目をしているので、その辺を少し意識しました。よくできたドラマです。」とのコメントも寄せられた。

魔夜峰央のハリー・パーマー

 そしてビビる大木さん、天野ひろゆき(キャイ~ン)さん、梅沢富美男さんらメガネ著名人らからも絶賛コメントが到着!
また映画ライター村山章さんによる特別コラムもスターチャンネルEXのホームページ、記事コンテンツ内にて掲載される。(https://ex.star-ch.jp/special_article)是非ドラマとあわせてお楽しみ頂きたい。

ビビる大木さん、天野ひろゆき(キャイ~ン)さん、梅沢富美男さんらメガネ著名人らからのコメントはこちら>>


【配信】スターチャンネルEX
<字幕版>絶賛配信中(毎週金曜日に1話ずつ更新)
※6月30日まで(木)《第1話無料配信》
<吹替版>6月20日(月)より全6話 一挙配信
作品公式ページ:https://ex.star-ch.jp/special_drama/zMko6

【放送】BS10 スターチャンネル
【STAR1 字幕版】毎週火曜23:00ほか 独占放送スタート
【STAR3 吹替版】毎週木曜22:00ほか 独占放送スタート
放送詳細ページ:https://www.star-ch.jp/drama/harrypalmer/sid=1/p=t/

【STORY】1963年、冷戦下の西ベルリンに配属されていた英国陸軍軍曹ハリー・パーマーは、軍の物資を盗み東側に横流ししていた罪でロンドンの軍事刑務所に投獄される。その頃、核兵器を開発していた英国人教授が誘拐される事件が起き、ドルビー率いる特別諜報機関W.O.O.C.が救出作戦に動き出す。ドルビーは誘拐に関与している男と一緒に写真に写っていたパーマーを訪ね、服役免除を条件に協力することを要請。かくして諜報員になったパーマーはベルリン、ベイルート、そして米国が核実験を行う太平洋の環礁へと世界を飛び回る。果たして誘拐事件の黒幕は誰なのか?
【脚本・製作総指揮】ジョン・ホッジ(『トレインスポッティング』)
【製作総指揮】ウィル・クラーク(『ホイットニー ~オールウェイズ・ラヴ・ユー~』)
【監督・製作総指揮】ジェームズ・ワトキンス(『ブラック・ミラー』)
【出演】ジョー・コール、ルーシー・ボイントン、トム・ホランダー、アシュリー・トーマス、ジョシュア・ジェームズ、デヴィッド・デンシック ほか
スモール・アックス
スモール・アックス