STAR EX


ニュース

2022年2月18日(金)公開『マヤの秘密』予告&追加写真解禁!【STAR CHANNEL MOVIES】

マヤの秘密
マヤの秘密

ノオミ・ラパス演じる主人公の狂気が暴走する日本版予告編&追加写真解禁!

 2022年2月18日(金)より劇場公開される『マヤの秘密』。この度、日本版予告編と場面写真3点が解禁となった。本作は『ミレニアム』シリーズや『プロメテウス』(12)、『ストックホルム・ケース』(20)など様々な作品で唯一無二の存在感を見せ、“サスペンスの女王”とも称されるノオミ・ラパス主演最新作。ノオミ・ラパスは、本作の脚本を読むや「これこそ私が探していた映画!」と出演を快諾し、製作総指揮も務めている。共演に、「ザ・スーサイド・スクワッド」シリーズのジョエル・キナマン、『夜に生きる』(17)のクリス・メッシーナ、リメイク版『ペット・セメタリー』(19)のエイミー・サイメッツ。監督は、アカデミー賞外国語映画賞のイスラエル代表に選ばれた『ベツレヘム 哀しみの凶弾』(13)で注目されたユヴァル・アドラー。

 今回解禁となった日本版予告編は、1950年代のアメリカ、公園で遊ぶ息子との穏やかな時間を過ごしていたマヤの耳に聞こえてきた“指笛”がきっかけで、彼女の表情が一変する場面から始まる。その“指笛”の男を慌てて追いかけるマヤの脳裏によみがえる、ある男からの暴行。「あいつだ」と確信した彼女は男を待ち伏せして誘拐してしまう。そして震える声で「ナチス収容所から逃げて、ドイツ兵に見つかった」「女性たちは想像を絶する暴行を受けたわ」と夫に告白するマヤ。自宅の地下室に監禁し「私を忘れたの?」と尋問するが、男は「誰かと勘違いしている」と否定し続ける。一方「確証がほしい」と男の身元を調べる夫は妻の行動に戸惑うが、「顔も指笛も私にしたことも忘れていない」と主張するマヤの行動は一気に暴走し始める!ジョエル・キナマン演じる男に「言え!」と平手打ちをし、自白を迫るノオミ・ラパスの鬼気迫る表情は見もの。またあわせてマヤが男を尾行する場面写真など3点も解禁となった。果たしてマヤの悪夢は《妄想》か?《現実》か? 観る者全てを疑念の渦に巻き込んでいく。

マヤの秘密1 マヤの秘密1 マヤの秘密1

 ユヴァル・アドラー監督はノオミの熱演について「役に没入することで有名な彼女だが、このマヤという役には苦労させられただろう」と主演女優を労う。「彼女は本編中ほぼずっと極限の苦悩を抱いていなければいけなかった。私の要求は高かったけれど、彼女はその緊張感をキープしてくれた。やり過ぎることなくね」と絶賛。そして主人公マヤを演じるだけでなく、製作者として、監督、出演者へのオファーからキャラクター設定にも関わったノオミ自身も本作にかける想いは強い。「以前にも製作を担当したことはあったけど、ここまで深く関わったのは初めてよ。素晴らしい冒険だったし、映画を製作するということがどれだけ大変な仕事かという勉強にもなったわ」と明かす。カンヌで上映され話題となった最新作『LAMB』(21)が控えるなど、世界中から出演オファーが絶えないノオミ・ラパスがほれ込んだ極限のサスペンスに注目。



監督・脚本:ユヴァル・アドラー  製作総指揮:ノオミ・ラパス
製作:ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、エリク・ハウサム 音楽:ジョン・パエサーノ  撮影:コーリャ・ブラント
出演:ノオミ・ラパス、ジョエル・キナマン、クリス・メッシーナ、エイミー・サイメッツ
2020年/97分/アメリカ/英語/カラー/シネスコ/5.1ch /G maja-secret.com
原題:The Secrets We Keep   日本語字幕:片野 佑介
配給:STAR CHANNEL MOVIES
© 2020 TSWK Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
2034 今そこにある未来 スターチャンネルEX 55周年長期特別企画
2034 今そこにある未来 スターチャンネルEX 55周年長期特別企画