ニュース

9月特集放送「日本VS世界のホラーを観る。掘る。もっと。第2弾」×共感シアター  『遊星からの物体X ファーストコンタクト』の無料放送に合わせ、9月3日(金)20:30~同時視聴鑑賞会開催

遊星からの物体X ファーストコンタクト
遊星からの物体X ファーストコンタクト

野呂佳代(タレント)、添野知生(映画評論家)ゲスト生出演決定&コメント到着!

 「BS10 スターチャンネル」(株式会社スター・チャンネル:東京都港区)では、人気ジャンルとしての地位を獲得している”ホラー”に今改めて注目し、「日本の怪談」と「世界のホラー」の見くらべ対決をお届けする特別企画を「日本VS世界のホラーを観る。掘る。もっと。第2弾」と題し9月4日(土)より特集放送致します。傑作怪奇映画『幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形』 や3度目の映画化でショッキングシーンが目白押しの『蝋人形の館』他の“おばけ屋敷対決篇”、日本映画史に名を残す空想怪奇映画『ガス人間第1号』や人間に寄生するエイリアンを描く『遊星からの物体X ファーストコンタクト』(9月3日(金)21:00~無料放送)他による“変身人間対決篇”という2つのテーマでお届け!

 そして、特集放送を記念いたしまして9月3日(金)20:30~完全無料の視聴者参加インターネット生放送局「共感シアター」にて、『遊星からの物体X ファーストコンタクト』の同時視聴鑑賞会を行います!共感シアターで生放送されるナビゲート番組を見ながら、「BS10 スターチャンネル」での無料放送、またはAmazon Prime Videoチャンネル「スターチャンネルEX –DRAMA & CLASSICS-」での配信をご視聴いただき、皆で一緒に鑑賞しましょう!ゲストには現在月9ドラマに出演中で、ホラー映画好きとして知られるタレントの野呂佳代さん、映画評論家の添野知生さんの生出演が決定!さらに、お二人から番組出演にあたってのコメントも到着いたしました!ぜひご期待ください!

特設ページ:https://www.star-ch.jp/shinazu/

『遊星からの物体X ファーストコンタクト』同時視聴鑑賞会 ゲストコメント

野呂佳代(タレント)
野呂佳代 ホラー映画が好きですが、遊星からの物体Xは、まだ観たことがないので皆さんと一緒に共感しながら、夏のホラーということでゾッとして暑い夏を皆さんと一緒に乗り切れたらなぁと思います。
なかなかない状況での映画鑑賞なので、楽しみです!!

添野知生(映画評論家)
添野知生 『遊星よりの物体X』『遊星からの物体X』『遊星からの物体X ファーストコンタクト』と、30年おきに更新されてきた《物体X》サーガ。
人はなぜ“ザ・シング”から逃れられないのか?
冷戦下の緊張、コズミックホラーからパンデミックまで、それぞれの時代の恐怖を反映してぐにゃぐにゃと変形してきた“そいつ”について、じっくりお話ししたいと思います。お楽しみに!

『遊星からの物体X ファーストコンタクト』同時視聴鑑賞会を開催!
完全無料の視聴者参加型インターネット生放送局「共感シアター」にて、ゲストの方のトークを聞きながら一緒に作品を観て、みんなで盛り上がりましょう!

【番組名】
スターチャンネル×共感シアター 日本VS世界のホラーを観る。掘る。もっと。第2弾
おうちDeシネマ 映画『遊星からの物体X ファーストコンタクト』同時視聴鑑賞会
【日時】
9月3日(金)20:30~
【出演】
野呂佳代(タレント)
添野知生(映画評論家)
番組アシスタント:瀬田ミナコ (女優)
番組MC:立花孝之 (共感シアターMC)
【視聴ページ】
https://bals.space/theater/232/

<『遊星からの物体X ファーストコンタクト』視聴方法>
①「BS10 スターチャンネル」で無料放送を見る
②Amazon Prime Video 「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」でライブ配信を見る(放送と同時刻にスタートします)
※初回7日間無料

共感シアター 共感シアターは完全無料の視聴者参加型インターネット生放送局!! 「映画同時視聴(再生)鑑賞会番組」 と 「映画オンラインイベント番組」 をメインコンテンツに、映画をテーマにした様々な番組を生配信しています。「映画同時視聴(再生)鑑賞会番組」では、作品の有識者や関係者をゲストに招き、視聴者と同時に同作品を鑑賞しながら一緒にワイワイと盛り上がる番組を。 「映画オンラインイベント番組」では、作品のキャストやスタッフをお呼びしてのプレミアムなトーク番組を。視聴者もTwitter連動リアルタイムコメントで番組に参加し、双方向性のコミュニケーションをしながら番組を進行するのが特徴です!!

55周年長期特別企画 映画は死なず!
55周年長期特別企画 映画は死なず!