ニュース

櫻井孝宏×飛田展男スペシャルインタビュー!『ステージド 俺たちの舞台、ステイホーム!』

ステージド 俺たちの舞台、ステイホーム!
ステージド 俺たちの舞台、ステイホーム!
 話題のドラマ『グッド・オーメンズ』のデヴィッド・テナントとマイケル・シーンが本人役で完全オンライン収録に挑戦したBBC製作の傑作コメディドラマ『ステージド 俺たちの舞台、ステイホーム!』(全6話)と、その続編の『ステージド2 俺たちの舞台、アメリカ上陸⁉』(全8話)をスターチャンネルEXとBS10 スターチャンネルにて、この夏、続けて配信・放送スタート!

 いよいよ8月20日(金)からは吹替版も配信開始に。これを記念してデヴィッド・テナント役の櫻井孝宏、マイケル・シーン役の飛田展男に収録を終えての感想や本作の面白さ、見どころについてインタビューを実施。ぜひ吹替版本編とあわせ、お楽しみください!

Q:椅子に座り、横並びでの収録という本作ならではのスタイルが特徴的でした。収録をしてみて楽しかった事は?
櫻井:収録そのものが楽しかったです。掛け合いもできるスタイルがこの作品にフィットしている感じがしました。小さな画面の世界を体現出来て楽しかったです。

飛田:あんまり気を抜きすぎると、何言っているかわからなくなったりもするので…その辺のバランスは難しかったです。他の作品よりは気だるさというか、日常のような雰囲気になりますね。塩梅をみて、くつろぎながらも別の神経を使う感じです。だから、収録中は感じないんですけど終わった後とか次の日に妙に疲れている感じはあります(笑)。

Q:本作でのお気に入り、オススメシーンは?
飛田:やはりデヴィッドとマイケルの掛け合いですかね。どうでもいいことをテンポよく話したり、聞いているようで聞いていないみたいな返しだったり、それがなかなか面白くて、味わいどころです。ドラマの合間に、1年前ロックダウン中だった当時のイギリスの風景がはさまれていたりして、不思議な世界ですね。単なるテレビ電話のやり取りとは違う状況がそこにあるというか。ある種フィクションにもなっているしシビアな時間にもなっているというか…。

櫻井:マイケルが、外の鳥を気にするシーンが最初の方にあり、そのあと近所のおばあちゃんを気にするシーンもあって、よく画面の外を見ているんですけど、それがデヴィッド的には印象に残っていて…そこには実は伏線が貼られていたりして…という作りも面白いです。

飛田:どこまで拾うかとかね。

櫻井:そうなんです!あそこにマイケルの人間味があるなと。デヴィッド的にはちょっと気になって面白いなと思いました。

飛田:おばあちゃんは台本にあったのかもしれないけど、鳥はどうなんだろう?その場の思い付きみたいな気もするよね!

櫻井:そうですね!遊んでいるのかもしれません(笑)。

Q:『ステージド』でのデヴィッドとマイケルに共感したことは?
飛田:僕はメールにせよ電話にせよこれを機に知り合いにコンタクトを取りまくるというような事はなかったです。もし『ステージド』のふたりのような事をしていたら、最初は元気に振舞っていても、つけっぱなしの状態が続くとそれがどんどんかったるくなって、彼らのような気の抜けた雰囲気になったんじゃないかな。そこは共感できます。僕も去年と今年と、予定していたお芝居が中止という事もあったので、落ち込んでもしょうがないから…そのうち何とかね!となる気持ちはわかります。そうだよね、馬鹿な話や馬鹿な妄想をするしかないよね、っていう。

櫻井:ちょっと質問からはそれるかもしれませんが…去年のコロナの頃、ZOOMが便利だと聞いてリモート飲みをしたときに、終わりが分からなくなって、夜から朝まで飲んじゃったことがあって(笑)。こんなに時間が経ったんだ!って思う事がありました。気づいたらひとりいなくなっていたりして、便利ではあったんですけれども、やっぱり対面は良かったなと、勉強になりました。

Q:コロナ以前の恋しい事はなんですか?
櫻井:一番は、収録が元に戻るといいなとは思っています。

飛田:そうですね。バラバラで録る面白さもあったりはしますけれども、やっぱり『ステージド』の収録は特に、もしひとりでマイケルを録っていたら絶対に生まれなかったり、感じられなかった刺激がありました。最近は、番組やスタジオの状況や環境によって、少しずつ人と収録できる事もあったりします。その時、このテンションは相手がそこにいるから出来ることなんだな、と改めて思うんです。前から分かっていた事ではありますけれども、その切実さというのを強く感じます。

Q:デヴィッドとマイケルに何か言いたい事は?
飛田:どこまで遊んでいるんですか?と。

櫻井:確かにそれは、聞きたいですね!

飛田:画面オフの時からどうやって「ハイ!スタート!」で本番に切り替えているのか、それともずっと収録しっぱなしでそのまま演じているのか?演じている時の気持ちはどうだったのかも聞きたいですね。エンタテイメントを作るんだ!って気持ちで挑んでいると思いますし、踏んでいる修羅場の数を考えたら只者じゃない事は分かるんですけれども(笑)。「何も考えてないよ。あらすじ渡されてふたりで適当に演じただけだよ!」って仰るかもしれないし。本当の事は絶対言わなそうですが…あとは、日本語版に吹き替えられた『ステージド』を観てどう思うかも聞いてみたいな。

櫻井:お洒落な返しが来そうですね。僕も同じで、この作品はどういう風に作られたのかとか、収録の風景とか、大がかりではないのもしれないですけど、完成された映像を観る限り、どこをどう手を加えているのかさっぱりわからないので。どこまで素の姿なのかは聞きたいですね。

飛田:メイキングとか観てみたいね!

櫻井:そうですね!どうなってるんでしょう。

Q:これから視聴される皆様へひとこと
櫻井:視聴者の皆さんも恐らくこういうリモート画面というのは経験されていると思うので、作品に自分を重ねやすいと思います。あの緩さというか適当さというか。ルーズなやりとりで、すごくくだらなかったり、どうでも良かったり、馬鹿馬鹿しかったりするんですけど、そこに人となりが透けて見えるというか。そういう感じが面白い作品です。どんどんキャストも加わっていくけど、だからといってすごく華やかになるとかそういう事でもなくて(笑)。やっぱりあのサイズの世界なので。その面白さが凄く上手に描かれているので、“百聞は一見に如かず”で、観て頂けたらと思います。

飛田:とにかく何度もご覧になって頂けたら。癖になる作品だと思います。もうシーズン2まであるということは、本国のスタッフの方々が相当ノッている証拠だと思うので…雰囲気を一緒になって楽しんでいただけたら!リモートというのは負のイメージではなくて、こんな面白い遊びができるんだと。デヴィッド・テナントとマイケル・シーンの滅多に観られない姿が観られるのも、ファンの方にはたまらないと思います。

▼Amazon Prime Video チャンネル「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」
【字幕版】全話配信中
【吹替版】第1話~第3話配信中、8/27(金)第4話~第6話 配信開始

▼BS10 スターチャンネル
【STAR1 字幕版】
8/24(火)よる11:00~(第1話~第3話 レギュラー放送)ほか
8/31(火)よる11:00~(第4話~第6話)

【STAR3 吹替版】
8/27(金)よる10:00~(第1話~第3話 レギュラー放送)
第4話~第6話は、9月放送。

★STAR1にて先行無料放送(字幕版&吹替版)
8/21(土)よる8:00 ~ 【字幕版】 第1話&第2話 先行無料放送
8/22(日)ひる12:30~ 【吹替版】 第1話 先行無料放送

55周年長期特別企画 映画は死なず!
55周年長期特別企画 映画は死なず!