ニュース

『ベルリン・アレクサンダープラッツ』キャスト、監督&スタッフ詳細情報公開!

『ベルリン・アレクサンダープラッツ』
『ベルリン・アレクサンダープラッツ』
 STAR CHANNEL MOVIES『ベルリン・アレクサンダープラッツ』のキャスト、スタッフの詳細を公開します。
 名演を繰り広げたキャストたち、大胆で独特な映像表現を発揮した監督など今後も大注目の映画人たちです。ぜひチェックしてみてください。

CAST

ウェルケット・ブンゲ WELKET BUNGUÉ ■フランシス役
ウェルケット・ブンゲ WELKET BUNGUÉ
1988年、ギニアビサウ⽣まれ。俳優、映画監督。リスボンの演劇映画学校(ESTC)とブラジルのリオデジャネイロ州⽴⼤学(UniRio)で演技を学ぶ。ポルトガルのアカデミー・オブ・シネマの永久会員であり、複数の短編とドキュメンタリー作品を監督する。テレビシリーズや短編映画、『CARTAS DE GUERRA(原題)』(2016)、『CORPO ELÉCTRICO(原題)』(2017)を始めとする⻑編映画に出演。2016年、主役も演じた監督デビュー作『BASTIEN(原 題)』が、ポルトガル・ナショナル映画祭のソフィア賞で短編部⾨の最優秀作品賞にノミネートされ、⻑編歴史劇 『JOAQUIM(原題)』(2017)はベルリン国際映画祭のコンペで上映されている。本作『ベルリン・アレクサンダープラッツ』は初めて出演するドイツの作品である。

イェラ・ハーゼ JELLA HAASE ■ミーツェ役
イェラ・ハーゼ JELLA HAASE
1992年、ベルリンのクロイツベルク⽣まれ。2011年、『Lollipop Monster(原題)』と『⼥闘⼠』で映画デビュー。ドイツの映画界で確固たる存在感を⾒せ始める。『⼥闘⼠』(2011)でバイエルン映画賞最優秀若⼿⼥優賞を受賞し、『Suck Me Shakespeer(英題)』(2013)でドイツ映画賞にノミネートされる。2016年、ベルリン国際映画祭でシューティング・スター賞を受賞。最近では『ステラー真昼の誘拐ー』(2019)、『Das perfekt Geheimnis(原題)』(2019)、『Cocoon(英題)』(2020)に出演。

アルブレヒト・シュッヘ ALBRECHT SCHUCH ■ラインホルト役
アルブレヒト・シュッヘ ALBRECHT SCHUCH
1985年、ドイツのイェーナ⽣まれ。2002年、舞台から映画やテレビへと活動の幅を広げる。2011年、ダニエル・ケールマンのベストセラーの映画化『Measuring the World(英題)』で主役アレクサンダー・フォン・フンボルトを演じたほか、『Westwind(原題)』(2011)にも出演。

アナベル・マンデン ANNABELLE MANDENG ■エヴァ役
アナベル・マンデン ANNABELLE MANDENG
1971年、ドイツのゲッティンゲン⽣まれ。⼥優。『Die Staatsaffäre (原題)』(2014)、『The Man Cave(原題)』(2014)などに出演。その他、テレビドラマや映画等で声の出演をしている。

ヨアヒム・クロル JOACHIM KRÓL ■プムス役
ヨアヒム・クロル JOACHIM KRÓL
1957年、ドイツのヘルネ⽣まれ。ケルンで映画やテレビを、ミュンヘンにあるOtto-Falckenberg演劇学校で演技を学ぶ。その後Schauspielhausをはじめとするドイツにある複数の劇場の舞台に出演。Detlev Bucks監督作 『Wir können auch anders(原題)』(1993)のWessi Kipp役でドイツ映画賞、バイエルン映画賞、ドイツ・バンビ賞の最優秀俳優賞を受賞した。

STAFF

ブルハン・クルバニ BURHAN QURBANI ■監督
ブルハン・クルバニ BURHAN QURBANI
1980年、アフガニスタン⼈難⺠の息⼦としてドイツで⽣まれる。2002年、映画監督を⽬指しバーデン・ヴュルテンベルク映画⼤学に⼊学する。卒業制作として監督した⻑編『SHAHADA(原題)』(2010)が第60回ベルリン国際映画祭で上映される。2本⽬に制作した⻑編『ロストックの⻑い夜』が⾼い注⽬を集め、ローマ国際映画祭でコンペティションのオープニング作品として上映される。3本⽬の⻑編『ベルリン・アレクサンダープラッツ』が第70回ベルリン国際映画祭でプレミア上映される。
2010年 『SHAHADA(原題)』
2014年 『ロストックの⻑い夜』
2020年 『ベルリン・アレクサンダープラッツ』

■撮影監督
ヨシ・ハイムラート YOSHI HEIMRATH
1983年、ミュンヘンで⽣まれる。バーデン・ヴュルテンベルク映画⼤学在学中、短編『Illusion(原題)』でドイツ・カメラ賞を受賞し、その後、広告や⻑編映画制作の現場で撮影監督として働き始める。2010年、クルバニ監督の『SHAHADA(原題)』でファースト・ステップス・カメラ賞を受賞し、2015年に同監督作『ロストックの⻑い夜』でドイツ映画賞の最優秀撮影賞にノミネートされる。最近ではNetflixのコメディシリーズ『ドラッグ最速ネット販売マニュアル』(2019)のシーズン2を⼿掛けている。
2008年 『Illusion(原題)』
2010年 『SHAHADA(原題)』
2015年 『ロストックの⻑い夜』
2019年 Netflix『ドラッグ最速ネット販売マニュアル』(2019〜)

■⾳楽
ダーシャ・ダウエンハウアー DASCHA DAUENHAUER
5歳からピアノ始め、数々の⼦ども⾳楽コンクールでたびたび優勝している。オーケストラ編成の作品「Sinfonietta」は2004年ベルリン・フィルハーモニーで演奏された。ハンス・アイスラー⾳楽⼤学でピアノを学び、ベルリン芸術⼤学で学⼠をコンラート・ヴォルフ映画⼤学で修⼠を取得する。2018年のベルリン国際映画祭に出品された『JIBRIL』を始め数々の映画作品の作曲や⾳楽監督を担当する。2018年German Film Music Awardで3部⾨ノミネートされ、最優秀短編映画⾳楽賞、新⼈賞受賞。

55周年長期特別企画 『ガス人間第1号』
55周年長期特別企画 『ガス人間第1号』