イベントレポート

加入者限定「MY STAR CLUB」では、さまざまなプレミアムイベントを実施しています。
貴重なイベントを体験していただいた皆さまの特派員レポートやイベント体験レポートなどをお届けします!まだ会員登録していない方は「MY STAR CLUB」に登録してプレミアムイベントに応募しよう!次はあなたかもしれません!

第29回東京国際映画祭

[開催期間:2016/10/25-11/03]

今回スターチャンネルは「第29回東京国際映画祭」を応援するとともに映画ファンに向けた独自の様々なイベントを開催しました。レッドカーペットやオープニングイベント、クロージングイベントなど普段、なかなか経験することのできない特別な時間と空間を特派員として体験いただきました。その中から「第29回東京国際映画祭」にスターチャンネル特派員として招待した方のレポートをご紹介いたします。

東京国際映画祭 レッドカーペット(2016年10月25日)

山中 友香 様

あいにくの曇り空。でも私の心は晴れやかです。だって、“スターチャンネル特派員”企画に当選したお陰で、第29回東京国際映画祭のレッドカーペットに参加できるのですから!
15時から入場をスタートした会場では、次々と各国のスターや著名人たちが歓声に包まれながら絨毯を歩いてきます。私達は終点のステージすぐ横に用意された席でそれを待つだけ。待っていれば、憧れのスター達が向こうからやってくるなんて、もうここで一生分の運を使ってしまうのではないかと心配なくらいです。さすがアジア最大級の祭典というだけあって、近隣諸国の華やかな顔ぶれが多く、その度にあちこちから黄色い歓声が上がります。
そうしてレッドカーペットを堪能すること約3時間。途中から本格的に降り出した雨に、そろそろ本気で凍え出した頃でした。そう、世界が誇る名女優メリル・ストリープさんの登場です!明るい金の髪を上品にまとめて、日本を意識したという鶴をあしらった個性的なワンピース、そして放たれるオーラ!寒さもなんのその、一挙一動を見逃すまいと必死です。ああ、なんてチャーミングな笑顔…あの大女優が目の前にいるなんて。帰宅した今も、今日のことは夢だったのではと疑ってしまうくらい、素敵な体験でした。

品川 夕子 様

すこし曇っていて泣き出しそうな空の下、見た事のない程のカメラの数に、なんとなく緊張し始めたころ。レッドカーペット会場の大きなモニターにフェスティバル・ミューズの黒木華さんが映し出されました。華やかな、赤い振袖で歩く姿は、まさしくスクリーンの向こう側の女優さんだ…。本物の女優さんのあでやかさに呆然としてしまいました。その後も海外の俳優さんや監督さんが次々と登場して、寒さに震える自分と同じ場所にいるとは思えないくらい、艶やかドレス姿で歩く様は、まるでスクリーンを見ているかのようでした。(みんな美しくて、お顔がちっちゃくて綺麗!)
そして、長いレッドカーペットの人垣の向こうから、悲鳴のような歓声が波打つように聞こえてくる中、とうとう念願のメリル・ストリープさんが登場しました!おそらく人生で、一番鼻息荒くスマホのシャッターを押し続けた瞬間だったと思います。まさか、憧れのメリル・ストリープさんをこの目で生で見れる日が来るとは…感動・興奮・呆然。映画と現実の真ん中に落っこちたような、舞い上がったような。楽しくて本当にあっという間の時間でした。

東京国際映画祭 オープニングセレモニー、オープニング上映、オープニングパーティー(2016年10月25日)

小泉 香那 様

まさに“プレミアム“な体験でした!
第29回東京国際映画祭のオープニングセレモニー&パーティーへの、“スターチャンネル特派員”企画に当選するなんて!!!
まずはスターチャンネルのスタッフの方と待ち合わせをして、オープニングセレモニーの開催されるEXシアターへ。セレモニー開始直前、一気にびっくりすることが!!!なんと、ちょっと前の席に中野量太監督、三島有紀子監督、筒井真理子さんがいる!!!どの監督作も見ているし、特に中野監督の新作はすっごく好き!ただただ、その場にいることに感動。そして、セレモニーが始まってもっとびっくり!大好きな橋口亮輔監督がいた!!!テンションが一気に上がる!さらには、安部総理大臣まで(こんな方々まで来るのか・・・)。そして!!!メリル・ストリープが登場してテンションはMAXに!セレモニーの後は、オープニング作品の『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』を鑑賞。愉快で、優しさがいっぱい詰まった素敵な映画でした。
その後は、グランドハイアット東京で開催されたオープニングパーティーへ!セレモニーをはるかに超えるまさにプレミアムな体験!!!普通に隣を歩く映画監督や俳優さん!審査員長のベネックス監督も!!!メイベル監督だぁ~!!!マスタンドレア氏歩いてる!振舞われるワインやお食事もすごく美味しくて、ほんとにすごい世界に来てしまった感。映画オタクな私には夢の世界でした。
一生行く機会がなかったであろう世界に招待してくださった、スターチャンネルさんに感謝でいっぱい。スターチャンネルさん、ありがとうございました!そしてこれからもっ~と映画好きにさせる放送楽しみにしています!

Fernando De Freitas (フェルナンド・デ・フレイタス) 様

I was very happy from this evening and the welcoming from Star company was great.
(今晩はとても良い夜が過ごせました。)

As I expected the ceremony started with the presentation of the movies in competition and actors and directors present in the theater. The jury was of course presented and appeared on the stage and their president Jean-Jacques Beneix told us few words.
I was very surprised when I saw the prime minister Shinzo Abe on the stage to say few words about the festival. I didn’t expect that.
Meryl Streep who was the only International Star present during the opening ceremony was without contest the star of the ceremony.
(オープニングセレモニーは、私が期待していたように、俳優や監督が参加しての、コンペティション作品のプレゼンテーションから始まりました。 審査員たちがステージ上に登壇し、審査員長のジャン=ジャック・ベネックスがスピーチしました。安倍晋三首相が舞台でスピーチしたのは、予期してなかったので非常に驚きました。国際的なスターであるメリル・ストリープには、やはり存在感と華がありました。)

I would like to say thank you to the company Star who gave me this opportunity.
(このような機会をくれたスターチャンネルに感謝したいと思います。)

東京国際映画祭 クロージングセレモニー、グランプリ作品上映、クロージングパーティー(2016年11月3日)

関下 美穂 様

この度は、“スターチャンネル特派員”として、第29回東京国際映画祭のクロージングイベントに参加させていただきました。東京国際映画祭の最終日。クロージングセレモニーと上映会は、六本木のEXシアターで行われました。女優さんや俳優さんや監督さんがすぐ目の前の客席に座っています。美人がいるなぁと思ったら女優さんだったり、イケメンがいるなぁと思ったら男優さんだったりと、日常生活では見ることのない華やかな人々はまさに眼福。そのなかで、一際目を引いたのが最優秀男優賞のパオロ・バレステロスさん。男優さんですが、凄い美人(?)で魅力的な方でした。主演された『ダイ・ビューティフル』は日本で公開されたら是非見てみたいです。そしてグランプリを受賞した『ブルーム・オヴ・イエスタディ』の上映会へ。ラブストーリー要素がかなり強く、キャラが濃すぎる登場人物ばかりの作品でした。今回は、素敵なイベントを企画して下さり、ありがとうございました。とても楽しい一日が過ごせました。今後も素敵な作品の放映や、イベントを楽しみにしています。

田中 綾 様

“スターチャンネル特派員”企画に当選した友人に誘われ、思わぬ機会に恵まれ、第29回東京国際映画祭のクロージングイベントに参加できることになった。たまに映画館に足は運ぶものの、見るものといえばカーチェイスと、火薬多めのハリウッド大作が大半なので、私みたいな門外漢に楽しめるかしらという嬉しさ半分、不安半分で会場に向かった。イベント会場であるEXシアター前で、スターチャンネルのスタッフさんと顔合わせを行う。ぜひ雰囲気を楽しんでくださいと勧められ足を踏み入れたロビーには、様々な色のドレスに身を纏う女性やフォーマルスーツの男性、個性的なヘアカラーの二人組など、正にお祭り!な様子で、思わず笑顔になる。格好だけでなく中身も華やかな方達に囲まれ、短いながらも貴重な時間を過ごした。クロージングセレモニーでは、普段テレビを通してしか見られない俳優や監督、さらに怪獣が登壇してお得な気分になる。受賞に感極まって涙ぐむ人、思わぬ受賞にスピーチを用意してないと慌てふためく人など、ライブ感に溢れていた。その後、グランプリを受賞した『ブルーム・オヴ・イエスタディ』の上映が始まる。見てよかった、と素直に思える作品であった。受賞者の方や関係者だけが参加できるクロージングパーティーは、ビッグイベントを今年も無事締めくくる事ができたという安堵感と、まだ冷めきらぬ興奮が入り混じる、不思議な雰囲気。主演男優賞を受賞したパオロ・バレステロスさんと写真を撮って頂いたのは大切な思い出になった。めったにないチャンスを幸運にも当て、誘ってくれた友人に感謝したい。

BACK NUMBER