イベントレポート

加入者限定「MY STAR CLUB」では、さまざまなプレミアムイベントを実施しています。
貴重なイベントを体験していただいた皆さまの特派員レポートやイベント体験レポートなどをお届けします! まだ会員登録していない方は「MY STAR CLUB」に登録してプレミアムイベントに応募しよう!次はあなたかもしれません!

BS10 スターチャンネル
”美味しいシネマ・ダイニング”ナイト

 “映画と食”にまつわるトークと映画に登場するお料理を食べて楽しんでいただく、MY STAR CLUBメンバー向けのプレミアム・イベント「“美味しいシネマ・ダイニング”ナイト」を、2月2日(金)に開催しました。当日は東京でもお昼頃まで雪が降り、凍えるような寒さとなりましたが、招待チケットを手にしたMY STAR CLUBメンバーの皆さんと、今回、特別にメディア協力を行った「エル」の読者の方々が、各地からご参加くださいました。

 トークイベントに登壇したのは、食をテーマにしたドキュメンタリー映画の監督経験も持つフードディレクターの野村友里さん、『エル・ジャポン』を始め『キネマ旬報』などの雑誌や、さまざまなジャンルの媒体で活躍する映画評論家の立田敦子さん、そして『エル・ジャポン』「エル・オンライン」編集長代理の松井朝子さんの3人のスペシャリストの皆さんです。

 このイベント開催のきっかけとなったスターチャンネルの映画特集「美味しいシネマ・ダイニング」、その放送作品『ジュリー&ジュリア』、『ノーマ、世界を変える料理』、『幸せのレシピ』、『シェフとギャルソン、リストランテの夜』を皮切りに、出演者の皆さんの印象に残っているさまざまな“食の映画”の名前が挙がり、作品への思い入れが紹介されました。
 映画撮影の現場でも料理の仕事をされている野村さんは、放送作品に登場した「ノーマ」についてや、ご自身の海外での料理修業のご経験、映画「eatrip」の撮影についてトークをいただきました。また、大のお料理好きでもある映画評論家の立田さんは、映画に登場するレストランを世界中で訪ねて回ったご経験も豊富で、魅力的な「料理が重要な映画」についてお薦め作品を多数ご紹介くださいました。「エル」が生まれたパリに出張することも多い松井さんからは、食の映画ともリンクする、ヨーロッパの食のトレンド最新事情についてお話をいただくなど、映画とグルメのファンには堪らないお話しをたくさん伺うことができました。

 そして中盤からはお待ちかね、野村友里さんが腕をふるって、映画に登場するお料理を実際に作って、会場の皆さんに召し上がっていただくコーナです。今回作っていただいたのは映画『ジュリー&ジュリア』の重要な場面で登場するフランス・ブルゴーニュ地方の名物料理「ブフ・ブルギニョン(牛肉の赤ワイン煮)」と「ババロア」。会場には期待が広がります。オープンキッチンにライブカメラも入り、野村さんによるお料理の解説のあと、お料理が美しくお皿に盛りつけられ、客席へ次々と配られました。

 古典の「ブフ・ブルギニョン」には、旬のカリフラワーのマッシュが添えられ、野村友里さん流のアレンジに。
 野村さんが「ゼラチンの1㎎が決め手」というババロアには、フレッシュな苺のソースを。

 実際にお料理を口に運ばれたお客様からは口々に「美味しい」「幸せ」との声があがり、会場には笑顔があふれ、トークで出演者3人共通のお気に入りの映画『バベットの晩餐会』の名シーンにも通じるような温かい空気で満たされました。

 参加されたMY STAR CLUBのお客様からは「野村さんのお料理が食べたくて参加したが、期待以上で大満足!」、「これまで特に料理を意識して作品を観ることはなかったが、今日出演者のお話しを聞いて、これからはまた新たな視点で映画を楽しめそう」、「食を通じて映画作品と自分の体験が繋がるのが楽しい。今日紹介された作品を始め、もっと映画を観たくなった」などの感想をいただきました。

 こちらのイベントの模様は、スターチャンネルEYESで後日放送&配信します!
こちらもお見逃しなく!

BACK NUMBER